フォト
無料ブログはココログ

« オンネトーの森を歩く | トップページ | 故郷の香り »

2018年3月 1日 (木)

アーモンドタルト♪

3月になりましたねぇ。北海道のお天気は大雪。

3月は春の入り口でもありますが、大雪が降る季節でもあるのですよね。

そんな3月の頒布会タルトは「アーモンドタルト」をお届けしています。

Almond_4





フランスでは「アマンディーヌ」と呼ばれ、伝統的なフランス菓子のひとつです。

アーモンドクリームをたっぷりと詰めた上に、スライスしたアーモンドをこれまたたっぷり。

それをじっくりと焼きこんだ大変贅沢なタルトです。

1897年には有名な戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」(ドモン・ロスタン作)で、このお菓子のレシピが歌われていたほど…。



ちなみにその歌詞は・・・

「ラグノーのアマンディーヌ」


卵をいくつか


ふんわりするまで泡立てよ

その泡の中に

選び抜いたセドラ(レモンの一種)の汁を混ぜいれよ

そこに注ぎ込め

上質のアーモンドミルクを

フランの生地を

フランのタルトレット型に敷き込んで

アプリコットのジャムを

器用な指先で側面にひと塗り

小さな雫を一滴

泡を窪みに入れて

そしてこれを

かまどに入れて黄金色なったらば

陽気に出てくる一団は

そう、これが

タルトレット・アマンディーヌ

~シラノ・ド・ベルジュラック 第2幕より~




実在の人物シラノは大きな鼻がコンプレックス。

そんな彼が甘くせつない恋心を演じるこの物語の中で歌われる歌。

実は、私も随分前に平幹二郎さんの演じる「シラノ・ド・ベルジュラック」を観に行きうっとりとしました。



そんなこんなのエピソードを持つアマンディーヌ。

春の入り口に是非お召し上がりいただきたいタルトです♪





頒布会   北海道内   19400円
        北海道外   23100円




頒布会は6回ひとセットですが、お届けは毎月に限らず、偶数月、奇数月、ご希望の月などなどご都合よいようにお使いいただけたらと思いますので、お気軽にご相談くださいませ♪


ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ


« オンネトーの森を歩く | トップページ | 故郷の香り »