フォト
無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月30日 (土)

今年も本当にありがとうございました!

年内のお仕事、昨日の朝、お菓子を焼いて、ひとまず一段落となりました。

その後、数日前からちょこちょこ始めていた工房内の磨きを本格的に…。

工房内は、冷蔵庫やオーブン、シンク、作業台などなど磨くものが沢山!

日頃のおさぼりが祟って、これまた磨き甲斐があるというもの。

冷蔵庫に貼ってある祖母の写真が「しっかり磨きなさいよ!」と言っているよう(笑)

Kobo3






躍起になって磨いていた時、ふと外を見ると愛犬が絶妙なバランスで犬小屋の屋根に立っているのが見えて爆笑…。

Kobo2




そんな笑いもありながらひたすら磨き続けるひととき…。

お菓子の仕事にこれらの厨房機器は無くてはならぬもの。

これらの厨房機器のお陰で、今年もお菓子を焼かせていただいたのかと思うとより丁寧に磨きたいと思って力が入ります。





磨いているとこの一年の事が思い出され…。

特に今年は10年の節目だった事もあり…。


自分らしく仕事ができていたかどうかと考えました。


「自分らしい仕事」とは「自分らしく暮らしているかどうか」にも大きく繋がっていきます。

「何を一番大切にしたいのか」と言う事について向き合う機会が多かったようにも思います。

その度に未熟さを痛感したり、あらたな発見につながったり…。


今年は、今までお付き合いいただいた方との気持ち良いお仕事はもちろん、コラボという新しい形でよりマニアックなお菓子や自分の想いを伝える場面をいただいたり、出店したことのないイベントに出させていただいたり…。


ここ数年思っていた「自分らしい仕事」が少しずつ形になって行っているように思います。

それには、お菓子をお召し上がり下さっている多くのお客様をはじめ、陰ながら支えて下さる友人・知人。一緒にお仕事をしてくださる方々…。

数え切れない方たちに支えられているからこそ何とかやってこれました。

特に、お客様からいただく「美味しい!」の一言は魔法の言葉。どんな時でも元気になれます!!!



まだまだ作りたいお菓子もたくさんあるし、やってみたいこともたくさん。

お伝えしていきたいと思っている事もあって、夢は尽きませんが、一歩一歩進んでいけたらと思っております。

こんなジャンレイですが、今年も本当にありがとうございました!

来年もまたよろしくお願いいたします!

皆様に訪れる新しい年も光り輝く一年でありますように


言葉にならない感謝を込めて…。磨き終わった工房の中で…。

Kobo

2017年12月27日 (水)

新春酒盗セット@ピーナッツ

早いもので、クリスマスが終わったかと思ったら、今年もあと数日。

そんな本日、新しく迎える年をより美味しくより楽しく過ごすための「新春酒盗セット@ピーナッツ」が完成いたしました!!!

Pnuts











販売は明日から、釧路市内のインテリアセレクトショップ「ピーナッツ」さんにて♪

Pnuts1









ワインやビール、日本酒、シングルモルトなどなど様々なお酒と合わせつつ、よい(酔い)ひとときをお過ごしいただけたら嬉しいです♪



雑貨屋「ピーナッツ」  10:30~19:00

2017年12月24日 (日)

プレセピオ

今日は、クリスマスイヴ♪

クリスチャンではないけれど、このクリスマスの雰囲気が好き。

そして、ついついクリスマスを飾る為に買ってしまうもののひとつに「プレセピオ」があります。

「プレセピオ」や「クレシュ」と呼ばれるのは、イエス様誕生の様子を表した像。

Xmasp1







これらは、ポルトガルやドイツ、スペインの教会などで買い求めたもの…。

Xmasp2






随分前にこの時期にイタリアのバチカンに行った時には、広場に等身大の人形達でイエス様誕生の様子が表現されていたのを見ました。




我が家のツリーの下には買い求めた「プレセピオ」がいくつか飾ってあり…。


今夜は、それらと一緒に娘が「サンタさんへのお供え物」として作ったブッシュ・ド・ノエルとトナカイさんへのニンジンが置かれる予定です。

Xmasp3








夫は、南部鉄の鍋にチキンを仕込み、薪ストーブの中に突っ込み、出来上がりを待つばかり…。

Xmasp






さて、サンタさんは来るでしょうか?



メリークリスマス!!!!


2017年12月23日 (土)

シュトーレン&ヴェラヴェッカのお届け無事に終わりました~♪

本日、ご注文いただいていた「シュトーレン」と「ヴェラヴェッカ」のお届けが無事に終わりました。

Vera3





今年もたくさんのご注文をいただいたシュトーレン達。

仕込みなどの準備期間を入れると、数か月このお菓子と向き合っている事になります。

ジャンレイは、いわゆる「クリスマスケーキ」の販売はしていないため、クリスマスの看板お菓子はまさにシュトーレン達のみ!!

Xmas2






仕込みが始まりだすと気持ちはすでにクリスマス気分になり…。

あとは明けても暮れても生地をこねて作り続けるだけ…。

早朝の無心になれるひとときでもあります。

そんな制作期間も今年の分はもうおしまい。

作り始めは「いったい終わるのだろうか…」と少々不安にもなる作業だけれど、こうしてすべてお届けしてしまうと、あっという間の出来事。

まさに無我夢中で作り続けたクリスマス期間。

多くのシュトーレンとヴェラヴェッカが私の手元を離れ、皆様とご一緒にクリスマスを過ごすことができる。

Vera






こんなに幸せな事はないなぁと毎年思います。

そんな幸せな想いを年の瀬に味あわせてくれた皆様heart01

今年も多くのクリスマス菓子のご注文、本当にありがとうございます!


よいクリスマスとなりますように!!xmas

2017年12月18日 (月)

クリスマススペシャル企画!!!

クリスマスまであと少し…。


お正月までもあと少しという12月も後半です。


そんな今日この頃、普段は頒布会でお届けさせていただいているジャンレイのタルトを限定3台、販売させていただいています。



一つは赤ワインタルト

ヨーロッパでこの時期によく飲まれるホットワインをイメージしたタルト。

赤ワインソースとチョコレートのガナッシュの相性が抜群です♪

Wine4









もう一つはかぼちゃのモンブランタルト

チョコレート味のアーモンドクリームや生クリーム、そして、薫高い洋酒を加えたかぼちゃのクリームのコラボレーション♪

Kabo1







どちらも1台2850円となります♪


送料   北海道内  500円

      北海道外 1000円




お申し込みはお電話やメールでお待ちしています♪

電話 0154-66-4320
メール janrei@hi-ho.ne.jp

2017年12月13日 (水)

トドマツへのリクイエム

今年もまた我が家のモミ(トドマツ)でリースを作りました。

Ri3







ここ数年の異常気象で恐ろしいくらいの強風が吹くことがしばしば…。

その影響で、あちこちの山では大きな樹がなぎ倒されるようになり…。

我が家のトドマツも毎年根本から倒れるようになりました。

この森が好きで移り住んだ夫は、倒れてしまったトドマツを見る顔が本当に悲しそうなのです…。




トドマツは、香りが良いのももちろんだけれど、あたり一面真っ白になった冬でも一年中青々とした枝振りの「エバーグリーン」

真冬に緑の枝を見ると何とも清々しい気持ちになるのです。

Ri5










そのトドマツが、強風で倒されると本当に心が痛みます…。

倒れても尚、その葉は茶色くなることも無く、緑のままでいる姿もまた愛おしい。

トドマツが倒れるようになったのは4年位前。

それから毎年の我が家の恒例になったのが「トドマツのリース作り」








土台の部分は、敷地の中に生えている柳で作り、あとは延々トドマツを巻きつけたり、隙間に挿したり…。

さらに、カラマツの松ぼっくりやオオウバユリ、カラフトノイバラの実などを挿して出来上がり。

Ri2




今年は娘もがんばって作っていました。ちょっとキラキラした感じに仕上げるのが女子ですねぇ(笑)

Ri1







涼しいところや寒いところに飾っておけば、春までその美しい緑のままでいてくれるリース。

オシャレな風合いは無いけれど、倒れても尚私たちを楽しませてくれるトドマツに感謝しながら飾りたいなぁと思う冬のはじまりでした…。

2017年12月 3日 (日)

シュトーレン&ヴェラヴェッカご予約受付中です♪

12月に入り、街のあちらこちらでクリスマスツリーを見かけるようになりました。

Vera1







ジャンレイでも、シュトーレンやヴェラヴェッカの仕込み作業が順調に行われています。

今年は昨年イベントでご好評頂いたヴェラヴェッカもジャンレイクリスマスお菓子の仲間入り。



ヴェラヴェッカは、フランスはアルザス地方特有のクリスマス菓子

アルザス地方はドイツの国境近くに位置することから、その歴史がフランスとドイツの歴史に翻弄され、時にはドイツの領土に、そして時にはフランスに…。

そして、独特の「アルザス文化」というのが生まれました。

今でもアルザスに行くと、フランス語とドイツ語の表記以外に「アルザス語」の表記が見られます。

そんなアルザスで生まれた「ヴェラヴェッカ」は他には無いお菓子の味わい。





直訳すると「洋ナシパン」の意味があり、洋ナシをアルザス地方のサクランボ酒に漬け込んだものを使います。

洋ナシの他にもあんずやプルーン、いちじく、アーモンドにくるみ…と多くのドライフルーツやナッツをほんの少しの粉で繋いでひとつの塊にして焼くのです。

この中には卵もバターもお砂糖も入らず、ドライフルーツとナッツ、粉、そしてスパイスだけで作られています。

見かけは茶色い棒状のものですが、味はとてもリッチ。

しかも、ドライフルーツもナッツもオーガニックなので味がより濃厚なのが魅力

この機会にぜひアルザス地方のお菓子を味わって下さいませ

Vera4





もちろん、ドイツのクリスマス菓子シュトーレンもおススメです!!!

Vera5









シュトーレン   1個 2200円


ヴェラヴェッカ  1個 1950円

送料        北海道内  500円
           北海道外 1000円




ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

赤ワインタルト

12月の頒布会タルトは「赤ワインタルト」をお届けしています。

Wine6_3




クリスマスが近づくこの季節…。


ヨーロッパの各地で見られる「ホットワインスタンド」

街角でホットワインが入ったカップを手にしている人を良く見かけます。




ドイツにて・・・

Hotwine1



チェコにて・・・

Hotwine





そんなホットワインをイメージして作ったタルトが今月の「赤ワインタルト」です。


サクサクのタルト生地に、レーズンやスパイス、オレンジを入れた赤ワインソースを流し込んで焼き…。

上にはフランス産チョコレートのガナッシュを乗せています。


クリスマスが近づき、街がきらめきだすこの季節。

ジャンレイの赤ワインタルトでヨーロッパの冬を感じていただけたら嬉しいです。



タルト頒布会(6回分)   北海道内   18800円

                 北海道外   22800円

タルトは、6回ひとセットですが、お届けはご希望の月にお届けすることも可能です。ご都合の良い方法でご利用いただけたら嬉しいです。
(例:偶数月のみ、奇数月のみ、気に入ったタルトの月のみなどなど)


頒布会の価格ですが、度重なる原材料や送料の値上げに伴い、10年据え置きだった価格の見直しをすることにいたしました。


今までも何度も原材料や送料などの値上げがあったのですが、何とかジャンレイのお菓子は値上げをしないように…と思って開店当初のまま頑張っていたのですが、これ以上のやりくりが難しく、大変申し訳ないのですが、一回のお届け当たり、50円~100円の値上げをさせていただくことに致しました。


お菓子や皆様への想いは何も変わっておりませんし、これからも真摯に向き合っていこうと思っておりますので、どうぞ変わらぬお付き合いをしていただけたら嬉しいです。

新料金の時期は、2018年2月お届け分からと考えております。それまでのご契約につきましては、上記の料金のままとなりますので、どうぞよろしくお願いいたします。





ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »