フォト
無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

お菓子屋さんをはじめたきっかけは…。

最近、父の事をよく想い出すので、今日は、ジャンレイを始めたきっかけについて、お話したいと思います。

「どうしてお菓子屋さんを始めたのですか?」と聞かれると、いつもお話していることなので、すでに御存知のエピソードかもしれないのですが…。


そもそも、私はお菓子作り大好き少女でした。

と言うか、お菓子屋さん(ケーキ屋さん)が家の周りに無いド田舎に住んでいたので、「憧れのケーキを食べたければ作るしかない…」と言うのが正直なところかも(笑)

その辺のお話はまた後日お話しさせていただくとして…。




一番大きなきっかけは、10年前の父との別れでした。

11年と少し前、それまで風邪ひとつひかない元気な父が癌だと言う事が分かり、9ヶ月後にはこの世を去りました。



その間、私は、父の介護のために北海道と実家神奈川を行ったり来たり…。

でも、父がまだ若かった事もあり病気の進行も早く、私自身父の病気を受け入れられないままあっという間にお別れのときがやってきたのです。



心の整理が出来ないままのお別れのときに思ったのは「人には必ずこの世を去る時が訪れる」と言うこと。ならば、一分一秒を無駄にせず、思い残すこと無く生きていきたい!と言う想いが湧きあがってきました。



それでも、しばらくは父がいなくなってしまった淋しさで胸がいっぱいで、何も考えられない毎日でした。





父がこの世を去ってから数ヶ月後、諸々の事が一段落してから、あの時に湧き上がった想いが再び胸に…。


それからは、自分自身と向き合い、自問自答。





自分にとってとても大事にしていた福祉の仕事に戻る事を選ぶか、幼い頃からの夢だったお菓子屋さんへの道を選ぶか…。



そう簡単にいかないことは重々承知だったので、同じような事が頭の中でぐるぐる回り、考え続けていた日々だったように思います。


でも、ある時、「命に終わりがあるなら、叶えたい夢を現実にしよう」と思ってお菓子屋それもタルトをメインにするお店を始めることにしたのです。


もちろん、お菓子屋をはじめたい理由は一つではなく、色々な思いがひとつになって決断したことではあるのですが、あの時、父を失った悲しみや別れから得た想いがその後の原動力になっている気がします。




そして、その想いや原動力を今日まで継続出来ているのは、私を支え、助け、温かく見守って下さる多くの方のお陰です。

本当にひとりでは出来ない事が、多くの方の愛情のお陰で叶える事ができました。



私の背中を押してくれた父…そして、支え続けてくださった多くの方…。

それが、今のジャンレイに繋がっています。


まだまだお話したい事はありますが、長くなりましたので、今日はひとまずここまで…。

長文、お読みいただき、本当にありがとうございます!

2017年10月25日 (水)

七五三

先日、少し早目の娘の七五三をしました。

Sitigo







お参りしたのは、同じ町内の阿寒神社。


ここへのお参りは、娘の「お宮参り」と3歳の「七五三」の時もきたので、何だかその時の事も合わせて思い出しつつの今回のお参り。


お宮参りはまだ首も据わらぬ生後1カ月の頃。

ほとんど寝てばかりいた娘。私もまだまだ娘の育児ペースがつかめず、おまけに家の新築や引っ越しでいっぱいいっぱいだった頃(笑)


そして、3歳の七五三は娘の人見知りが激しく、私の傍からなかなか離れられなかった時期。

どこに行くのもいつも手を繋いでいました。





そんな娘も7歳の七五三になると、私の手など必要ないくらいに自分でさっさと歩いて行き、お参りもしっかりと…。

Sitigo3






私にしがみついていて、姿が見えないだけでメソメソ泣いていたのがウソのようです(笑)

嬉しいようなちょっぴりさみしいような…coldsweats01

こうして大きくなっていくのですねぇheart01


お陰さまで、いつも周りの人に守られて助けられて、夫も私も娘もなんとかかんとか日々の暮らしを楽しく過ごすことができています。

この節目を迎えられたことに、周囲の皆様の愛情に心から感謝です…。

2017年10月20日 (金)

パン・デピス物語

「パン・デピス」直訳すると「スパイスのパン」

つまりスパイスがたっぷり入ったパン(お菓子)のこと。

ただ、「パン」と言ってもイースト生地では無いので、ケーキのようなもの…。

Paindepcejpg







このお菓子は、ベルギーの一部とフランスのブルゴーニュ地方が「ブルゴーニュ公国」と呼ばれていた時代からあるお菓子。

古くは中国のお菓子「ミコン」がシルクロードを旅してヨーロッパに入ってきたものが形を変えて「パン・デピス」になったそう。


スパイスやドライフルーツやナッツがたっぷり入ったこのお菓子は、恐らく当時は大変高価で貴重な存在だったのではないかと思います。



現在も、ベルギーやフランスのブルゴーニュ地方では「パン・デピス専門店」があるくらい、人々に根付いたお菓子なのです。






ベルギーはブリュッセル

グランプラス広場近くのパッサージュ(商店街)を行くと…

Pain1










このお店にも「パン・デピス」がたくさん!!!

Pain


当時、1歳だった娘にもたくさんパン・デピスを試食させてくれた楽しい思い出のあるお店です。

ジンジャー&アップルやジンジャー&オレンジなどなど何種類も試食させてもらいました。










フランスのブルゴーニュ地方。ディジョンの「パン・デピス専門店」

木組みの古くてすてきな建物が…。

Pain2




外観もまた可愛らしい…。


Pain4




中に入ると、所狭しと並べられた様々な味わいと形の「パン・デピス」

ブルゴーニュ地方ならではなの特産の「カシス」を入れた「パン・デピス」がとっても美味しかった!

一口で食べてしまえる小さなものから切り分けながら食べるもの…。どれを買って帰ろうか、ものすごく迷った記憶があります。

Pain5





どちらのお店にも共通するのは、様々なスパイスが交わったうっとりとするような香りで満たされていました。


そんな「パン・デピス」

なんと、11月の焼き菓子セットにも入っていますheart01

Thried2





濃厚な味わいの「パン・デピス」

熱いミルクやコーヒー、ワインのお伴に、お召し上がりいただけたら嬉しいです!









11月焼き菓子セット詳しくはこちらです→ジャンレイ・焼き菓子

焼き菓子セット   北海道内 2600円

            北海道外  3200円

2017年10月16日 (月)

11月の焼き菓子セット

秋も深まる今日この頃。

今朝の我が家は、霜であたり一面真っ白でしたcoldsweats01

小さな畑の豆も霜にあたってしんなり…。

可愛く咲いていた花も縮れ気味…。





けれどけれど…。

秋と言えば、紅葉maple

115




りんごapple

Rinngo









赤いものが眼にしみる季節ですhappy01


この季節ならではのお菓子が「アップルパイ」

Dscf0428







幾重にも折りたたんだパイの中は、こだわりのりんごが詰まっています…。



そんなアップルパイなどがあれこれ入った「11月の焼き菓子セット」



フランスはブルゴーニュ地方やベルギーの郷土菓子である「パン・デピス」

Thried2






フランスのコメルシー発祥の「マドレーヌ」

Maderane






夏ミカンサブレなどなど

Orangesabre






焼き菓子セットは単発でのお申し込みとなります。


秋が深まるひととき、ジャンレイお菓子とともにお過ごしいただけたら嬉しいです♪



焼き菓子セット   北海道内   2600円

             北海道外   3200円



詳しくはこちらをご覧いただけたら嬉しいです→ジャンレイ・焼き菓子セット

2017年10月14日 (土)

モミジ山

秋も深まってくると、毎年行って見たくなる場所

それは「モミジ山」


と言っても、私が勝手につけた名前で、我が家から程近い小さな丘の事。


モミジの樹がたくさん植えてあるので、そんな名前で呼んでます。


娘の学校の帰りにちょっと寄り道。

モミジ山の入り口は、色とりどりの葉っぱでいっぱい。

1507956542869.jpg


見上げると息を飲むほどの鮮やかさ。

1507956550272.jpg

1507956556899.jpg


娘と二人、時のたつのを忘れて落ち葉拾いをしましたsmile


娘とのこの時間を大事に閉じ込めることができたらいいのに、、、。


せめて、拾った落ち葉は、本にはさんで押し花ならぬ、押し葉にしようかな、、、heart03

1507956562055.jpg

2017年10月10日 (火)

「スロウ村の仲間たち 2017」終わりましたー!

昨日、一昨日は、十勝の更別村で行われた「スロウ村の仲間たち 2017」に出店してきました。

Slow3



Slow8





「スロウ村の仲間たち」に出展させていただくのも今回で4回目。


4回目にしてやっと要領を得てきた私(笑)

前日の準備もわりとスムーズに珍しく夜中までかかることなく早め就寝する事ができました。

2日間に渡るイベントなのと遠方なのと宿泊を伴うのとイベント自体の規模が大きいのと…。私にとっては毎年あたふたとしまうイベントだったのです。

今年は第一日目は気温も高め、空は青く気持ちの良い一日。

Slow2






お隣のブースは気心知れた古平町の「タキノ農園」さんと優しい雰囲気の「ヤマガラ珈琲」さんだったので、ほんわかした雰囲気。

Slow1




お客様もたくさん来て下さり、毎年お会いできる十勝のお客様や釧路から来てくださった方、遠方から会いに来てくださった方などなど、たくさんのお客様とお話しすることができ…。



あっという間に過ぎた一日目。

夜はこちらのコテージでしっかり充電。

一緒に泊まった「タキノ農園」さんと一日目の反省会です。この振り返り作業がまたまた楽しい時間♪

Slow7






二日目は前日の晴天とはうってかわって小雨降るなかの開催。

それでも、お越しくださった方や出店者さん同士とのお話で和やかな気持ちになり、お天気悪いけれど笑顔の一日になりました。


Slow6



毎年スロウでしかお会いできないお客様や出店者さんとは再会を喜び会い…

初めてお会いする方との会話も楽しく…。

そして、ジャンレイをいつも応援して下さっている方とお会いすると遠い地に来ている緊張がほぐれてほぉぉっとした気持に…。

ひとつひとつの場面がかけがえのないひとコマ…。


あっという間に過ぎた2日間でした。


そして、今年もまた今年なりの反省や考えるところがあり、今後の大きな課題にしようと今日は気持ちの整理も兼ねて資料の見直し…。


そんなきっかけを与えてくれるのも「スロウ村の仲間たち」のお陰です。

そんな貴重な二日間を過ごせたのはお越しくださったお客様、ご一緒いただいた出店者様、そして、主催されたソーゴー印刷の皆様のお陰です。

本当にありがとうござました!

大きな愛と感謝を込めて…。

2017年10月 3日 (火)

白湯山でリフレッシュ!!!

ここのところ、イベント出店やお菓子の事ばかり書いておりました。

まさに、工房から出ることなく黙々とお菓子を焼いていた日々。

ありがたいことこの上ないのですが、ちょっと無理をしたからでしょうか…。

手首や腕が痛み出してきました…。

そうなると途端に弱気な私weep

普段滅多に風邪もひかないくらい元気印のためか、ちょっと手首が痛くなったくらいで凹みまくりです(笑)

考えることは悪いことばかり(笑)

「もうお菓子が作れなくなったらどうしよう…」とか

「70歳までは今以上のペースでガンガン作り続けたい願望なのに、達成できるのだろうか…」とかcrying
(ちなみに、70歳以降はもう少しペースを落としてもいいのかなと勝手に思っております)

などなどひとりで考えていると悶々とするばかり…(笑)





そして先日、ある朝起きて「このままじゃイカン!!!いい仕事ができん!」と思い立ち、早朝のうちにお菓子をガンガン焼き、家族を叩き起こし、登山に行ってきましたーーー。


とは言え、娘にいたっては、登山未経験。

「登山って何?」と言いながらシブシブついてきました。

行き先はお近くのお手軽登山な「白湯山」


登ってみるとはぁ~そこは下界とはまた違う世界。

22090108_808306626006952_7646366365




見上げるともみじがこんなにキレイです。

22195583_808306546006960_9819034016

22089381_808306572673624_3706418077






振り返ると遠くの方に雄阿寒岳がちらりと見え…。

22196100_808306426006972_5480918003









頂上では阿寒湖と雄阿寒岳が圧巻です!!!

22154251_808306402673641_7477430742













登山途中では偶然、10年以上前に働いていた福祉施設時代の先輩にもお会いして懐かしいひと時と言うオマケ付きheart01






さほど厳しい行程ではないので、あっという間に下山。

帰りは阿寒湖の「ポロンノ」さんで一息ついて…。

22089846_808306166006998_3150428950








エネルギーが充電満タンになったところで帰路に着きました。



ちなみに、翌日は大きなイベントがありましたので、満タンになったその勢いで帰宅後はイベント準備の続き。


日中、登山に行ってしまったのでイベント準備は夜遅くまで続きましたが、不思議と疲れ知らず。

悶々としていた気持ちもどこかへ行ってしまいましたheart02

ちなみに、シブシブついてきた娘もすっかり登山にはまり「また行こうね!!!」と下山途中から言っていました。

ちょっと気持ちが疲れたら、エイヤ!と飛び出すのもいいものだなぁと感じた秋の日でした。





「スロウ村の仲間たち 2017」のお菓子達

今日は雨降りの朝。

「ルバーブは雨の日が美味しい」と言われているので、なるべく雨の日に収穫したいと思ってしまいます。

そんな今朝は、ルバーブを採り…。

Rubarbslow1_3









タルトを焼きました。

Rubarbslow








「スロウ」さんの通販サイト限定の「ルバーブとブルーベリータルト」

今週末の「スロウ村の仲間たち 2017」で販売いたします。

Slow










その他にもフランスボルドー地方の伝統菓子「カヌレ」

Kanure







毎年人気の「アップルパイ」

Apple







などなど美味しいお菓子をご用意する予定です。


皆様とご一緒させていただけるひとときを楽しみに十勝へ向かいたいと思います。

10月8日9日は「更別カントリー村」にてお待ちしております。



ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

2017年10月 2日 (月)

キャラメルナッツタルト

10月に入り、朝夕の気温もぐっと低くなりました。

阿寒の山は見上げるとこんなに美しい葉が見れるようになりました。

Momiji_2







動物達は冬眠の準備。

そんな自然の流れからでしょうか、毎年、この秋の入り口に食べたくなるのがこのタルト。

キャラメルナッツタルトです。

Kyarameru1











くるみやアーモンドをたっぷり入れ、低温殺菌乳生クリームで作ったキャラメルで合えたタルト。

さらに、キャラメルの下には、オーガニックチョコレートで作ったガナッシュやアーモンドクリームを敷き込んだリッチこの上ないタルトです。



冬眠に入る!!!と言うわけではないのですが、気温がぐっと下がってくるこの頃に自然の恵みがたっぷりのタルトをお召し上がりいただけたら嬉しいです♪





頒布会(6回分)

北海道内      18800円
北海道外      22800円



頒布会は6回で1セットですが、お届け月についてはお客様のご要望に応じさせていただくことも可能ですので、お気軽にお相談下さいませ。




ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ


また、焼き菓子セットの販売もしています。こちらは単発でのご利用になりますので、お気軽にご利用いただけたら嬉しいです。→焼き菓子

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »