フォト
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月21日 (月)

お気楽ゲル祭り!

2年前の秋に、阿寒町の小さな就労支援事業所「きらく」ではじまった「お気楽祭り」

昨年から釧路湿原美術館さんとの合同イベントとして、場所も釧路湿原美術館さんへ移動。

そして、今年…。

さらにパワーアップしてモンゴルのゲルも登場するという!!!

そして、同時開催で「アールブリュット展」もあり、素晴らしい作品が美術館内に並びます。

Okiraku








今度の日曜日8月27日日曜日「お気楽ゲル祭り」

時間:10時から16時

場所:釧路湿原美術館(阿寒道の駅向かい側)





ジャンレイでもタルトや焼き菓子あれこれ…。

そして、「ラベンダーシュークリーム」もお持ちする予定です!!!

Lav


Mic

Bolo





皆様のお越し、心よりお待ちしています♪

2017年8月15日 (火)

夏休みの締めくくり

友人宅で濃い数日間を過ごした後は…。

これもまた毎年恒例の仁木町の長崎農園さんにお邪魔してきました。

Takino7








長崎さんのところでは、ブルーベリーやカシス、ラズベリー、ハスカップなどなどの小果樹を中心に作ってらっしゃいます。



余談ですが、長崎さんも私と同じ茅ヶ崎市出身。そして、茅ヶ崎にいた時も同じ福祉施設にお勤めでした。

福祉業から農家に転身!

けれど、福祉の世界にもお顔が広いので、私が訪ねていった時も就労支援事業所の利用者さん達が畑のお手伝いにいらしていました。



一口に「ブルーベリー」「ハスカップ」と言っても品種はさまざま。

Takino6
Takino8






今年もあれこれつまみ食いをさせていただき…。

どれもこれも味が濃くておいしいのですが、とりわけその中でも私の作りたいお菓子にピッタリ!!!と思うものをお願いして送っていただくことにしました。



直接食べて欲しい品種が選べる…。



それって極上の贅沢だと思います。


Takino4

特にこのカシス、本当に濃厚で美味しかったです!!!



丁寧に育ててらっしゃる方の作物をお菓子にさせていただく…。


あらためて幸せを噛みしめた訪問でした。



オマケですが、長崎さんは珍しい植物を育てるのがお好き!

数年前から育てている「ヘーゼルナッツ」が今年初めて実をつけた!ということで、見せていただき感激しました。

秋になったら香ばしいヘーゼルナッツが食べれるようですheart01

いいなぁ~!

Takino5

今年の夏休み

今年の夏休みも毎年恒例の友人宅に行ってまいりましたー!!!


日本海側の小さな町…。


私たちを待っているのはこの海!!!!

Takino











この美しい海で泳ぐ為に夏の前半の仕事を頑張っていると言っても過言ではありません(笑)

と言ってもあまり泳ぎが上手くはありませんが…coldsweats01


毎日毎日友人宅の子供たちとうちの娘を連れて、「にわか子だくさん状態」で行くのもまた昭和な感じで楽しい…。

明けても暮れても海ばかり…。

Takino1







そして、今年はもう一つ、挑戦したい事があって友人にお願いを…。

友人に鶏のさばき方を教えて欲しいと…

Takino12






今年の抱負のひとつだった「鶏をさばくこと」





お肉を食している以上、一度はやってみたかった事。


かと言って、牛や豚をさばくのはハードルが高いし…。


と言う事で、友人の鶏をつぶさせていただくことに…。





細かい工程のお話は省きますが…。




生きている鶏を肉にしていく工程…。

正直、自分で最初からやりたい!と言ったものの、このショックで二度と鶏が食べられなくなったらどうしよう…という一抹の不安もありました。








が、しかし!!!!!

取りかかってみると、その仕事量の多さ。工程の多さにショックを受ける暇もなく、ただただ集中して作業するのみ。

まさに、神聖な気持ちになる暇も、感心する暇も、コワイと思う暇も、ビビる暇もないくらいの集中っぷり!

Takino13




終わった時にはヘロヘロでした…gawk

Takino11








もちろん、夜には美味しく調理させていただきましたが、それにしても、ひとつの命をいただくってものすごい仕事量!

とても一度では覚えきれない知識と技です。



そんなこんなの夏休み。

本当に勉強になりました。


遠く離れたあの小さな町の海には、この欠けらがまだ落ちているのかなぁ~。

そんな事を想いつつの夏の思い出です。

Takino10





そして、毎年貴重な体験をさせてくれる友人家族。心から感謝です…heart02












2017年8月10日 (木)

野の花染め

先日、娘が「クッションカバー縫って可愛いお花で染めたい」と言い出す。

内心「縫いもの教えるのはメンドクサイ…」と思いつつ、好きにやらせてみることに…。




チャックをつけない形を自分になりに考えて、なんとかかんとかクッションカバーが完成。

その間、ついつい手を出しそうになるのをぐっとこらえる母(笑)


で、娘の言う「可愛い色のお花」とやらを集めに行く事数日…。

Ha4








「黄色い方がきれいに染まるかもよ…」と言ってはみるが、聞く耳持たない娘(笑)

そんなところは私によく似ているような…coldsweats01

Ha3




「もう帰ろうよ」と言う私の言葉も無視…(笑)

そんなところもやはり私に似ているような…coldsweats01






気の済むまで集めた「可愛い色の花」で染める前に、クッションカバーを牛乳に浸すこと一晩。(タンパク質に漬けることで色が染まりやすくするため)

Ha2






そして、一夜明けたらお楽しみの草木染め!

これには私もワクワク♪

これはワクワクするあまり手を出したくなるが、やはりぐっと我慢の母(笑)

Ha1








染めては絞り…

Ha





水洗い…

Ha6







繰り返すこと数回…。






さてさてきれいに染まったかな?

Ha5









それにしても、ついつい手や口を出したくなり、ぐっとこらえるしんどさを味わった出来事でした(笑)





2017年8月 9日 (水)

サードメディスィンチェック

以前、8種類の精油の匂いを嗅いで、体調などを診断する方法があるという話を書いた事がありましたが、これがなかなか私の日常をと言うか家族の日常を支えてくれています。

Tm







例えば私…。

ある朝チェックした図がこんな感じ…。

Tm5








「あ!夕べ、そう言えば飲み過ぎ食べ過ぎしちゃった!どうりでだるいと思った…」と言う事で、熱いシャワーを浴びて、モモ上げなどをしつつ重い体にカツを入れて、すっきりとした気持で一日を始める。





または、ある日の夕方チェックしたらこんな図…。

Tm2






そんな時は、美味しい果物食べて体もストレッチしつつ思いきり伸ばし。夜はぐっすり眠る…。




詳しく書くともっと効果のある精油とか食べ物とか色々あるのですが、それはまたの機会に書かせていただくとして…。




こんな感じで私自身や家族のちょっとした不調をメンテナンス。


小さな娘は詳しく自分の体調を言えないので、サードメディスィンチェックをして風邪を引くかひかないかのうちに対処することができるので大助かり!

お陰さまで一度も薬のお世話になった事がない娘。





でも、気をつけなければならないのは、チェックした後のアセスメント(考察)が独りよがりや思いこみにならないようにと思います。

「私はこういう人だから」とか「娘はこういうタイプ」などと思い込むと、折角の客観的診断が台無し!(笑)

ただの怪しい占い師みたいになっちゃう!

なので、客観的に図を見て、ただただ淡々とストレッチしたり野菜を多めに摂ったり、お風呂の温度を決めたり…そうしていくうちにバランスのとれた状態になるとある日こんな図に…。

Tm6



何となく「バランスの取れている自分の状態」と言うのが分かってきたような…。





そんな便利なツールなサードメディスィン

まだまだ我が家のエピソードがあるので、また後日…。

お読み下さり、ありがとうございます!

2017年8月 8日 (火)

羅臼にてシャチに出会う

先日、羅臼に行ってシャチを観てきました。

先月のイベントで羅臼の「うみねこ屋」さんというお宿にお世話になった際に出会った方々から浮上した「シャチクルーズ」の話。

どうやらマッコウクジラも見れるかも…。

イルカも見れるかも…。

というウワサに胸をときめかせ、再び「うみねこ屋」さんにお世話になりつつ、シャチクルーズに参加。

6月後半からずっと私の仕事に付き合わされていた娘にも「ご褒美!」と称して、一緒にクルーズに参加しました。

当日は海風がさわやかな良いお天気。



「エバーグリーン」というクルーズ船に乗り込み沖へ向かってぐんぐんと進むと…。

Shati9




国後島がさらに近づき…。

Shati10






最初に姿を現したのは「イシイルカ」

白い波の部分がイルカなのですが、ちょっと分かりずらい…

Shati11







黒白のイルカのためシャチにも間違えられるそうですが、シャチに比べたら小ぶりです。

イシイルカは釧路沖や羅臼でしか見られない上に、日本全国の水族館にもいないため、とても貴重なイルカだとか…。

この時点でテンションあがり、キャーキャー叫んでいました(笑)





そしてそして、イシイルカに導かれるようにさらに沖へ進むと…。

シャチーーーーーー?!

Shati






こんなに近くで、こんなに沢山のシャチ!!!と大興奮。

Shati3




かなりの大きさと頭数のため、迫力満点!

Sharti2




興奮しすぎて我を忘れるくらいでした(笑)



シャチは随分長いこと船の周りに留まってくれていましたが、私たちの時間切れのためなくなくその場を去って行きました…。





それにしてもあの感動は言葉にできないくらい…。





私など、驚いて口をパクパクさせるだけ…(笑)




帰り道はただ空を見て、ぼーーーーっと座り込むだけ…(笑)

もはや使い物にならない廃人状態です…(笑)

Shati4







その後、下船後は我を取り戻すためにお気に入りの「熊の湯」に行ってゆっくりとお湯につかりました…。

亡き父が北海道に遊びに来てくれた時に連れていったのをしみじみ思い出しつつ…。

Shati5



Shati6






そして、夜はご一緒した方や羅臼の方々との宴!

シャチの興奮も手伝って、しゃべって食べて飲んで!

Shati8







船の手配から何から何まで、本当にお世話になった「うみねこ屋」さん。

お陰で娘の夏休みも私のプチお疲れ様会もできました!!!

ありがとうございますheart02





翌朝起きてみると…。

コンブ漁をしている船が目の前に何艘もいて、これがまた何とも言えない風景でした…。

羅臼の昆布は「オニコンブ」と言って肉厚で特別美味しいのだそうです。

少し前に終わってしまったテレビ番組「SMAP×SMAP」の最終回の食材に使われたのだとか…。

Shati7










そんな昆布漁も美しい海も一望できる「うみねこ屋」さん。おススメのお宿です♪

皆様、是非!

Shati12

2017年8月 1日 (火)

ルバーブパイ

8月になりましたねぇ~。

北海道にしては蒸し暑い日が続いていますが、皆様お変わりありませんか?

今月の頒布会のタルトは、そんな蒸し暑さの中でもさわやかな味わいの「ルバーブパイ」をお届けいたします。

Rubau3_3










ルバーブは、シベリア原産の植物。大黄科の植物で茎を食するものです。

茎の部分が蕗のようですが、フキとはまったく別の植物。

Rub_2









アジアではこれを漢方にしたりするのですが、欧米ではお菓子の材料の定番。

マルシェに行くと山積みになっているのを見たり、あちらのレシピ本を開くと「ルバーブケーキ」などのレシピが載っているのを見かけるので、とても馴染みのある食材なのだと感じます。

Rubabb














日本では涼しい気候じゃないと育たないことから北海道が適地。

ここ釧路ではぐんぐんとよく育つので、ジャンレイの畑もルバーブがイキイキしています。

ただ、お菓子に使う量が大量なので、ジャンレイの畑だけでは間に合わず、友人、知人の畑からも譲っていただいたものも使います。

今年はいつもご提供いただいている畑が不作という事で、一時はルバーブパイを諦めようと思ったくらいなのですが、友人達の協力により充分な量を集めることができました。

この場を借りて、心から感謝いたします。本当にありがとうございます!







今回はパイの器に、たっぷりとルバーブを入れ、カスタードソースを流し込んで焼きました。

上にはメレンゲを絞って完成!

ルバーブの酸味とカスタードソースやメレンゲの甘みのコンビネーションが魅力のパイです♪

Rubab2







夏のひと時、さわやかなジャンレイタルトとご一緒いただけたら嬉しいです。



ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »