フォト
無料ブログはココログ

« サンサン DE ジャンレイ♪ | トップページ | アルザス@ピーナッツ♪~パン・デピスのお話 »

2017年4月24日 (月)

アルザス@ピーナッツ♪

フランス旅日記でアルザス地方の事をあれこれと書き…。

「もうすでに何度も読んだよぉうーーー!」と言われそうなフランスネタですが…。

フランスの中でも独特の個性を持つアルザスの文化。

そんなアルザスのお菓子をご紹介できたら…と思い。


この度、インテリアセレクトショップの「ピーナッツ」 さんで「アルザス企画」をさせていただくことになりました!!!

Alsas4








今回は、マリーアントワネットがこよなく愛してやまなかったという「クグロフ」

Alsas2












アルザスの銘酒、さくらんぼのお酒も生地に入れるバターたっぷり、リッチなブリオッシュ。

アルザス地方のどの街でも、あちらこちらで山積みで売られ、ワインと珈琲と一緒に食べるとまたたまらない!




これはピーナッツさんに売っているグラス。

こちらに注いだすっきりとした白ワインに漬けながら食べるとひとたび気分は日常を離れ、贅沢な時間を味わえる事間違いなしです♪

裏技(?)で、フルーティーな日本酒もおススメです♪

Alsas





カフェオレに漬けながらというのも素敵な朝食♪

ピーナッツさんにもカワイイカフェオレボウルがありますので、ご希望の方はクグロフとカフェオレボウルやワイングラスをセットでラッピングもしていただけると思いますので、大事な方へのプレゼントにもおススメです♪






そしてそして、「アルザス風サバラン」

いつものジャンレイのサバランはラム酒のシロップにブリオッシュを漬けるのですが…。

アルザスのレシピは、ラム酒の替わりにやはりサクランボのキルッシュ。

今回は、中にもチェリーのワイン漬け。飾りにはチェリーのホワイトラムとのマリネしたものを…♪

かなり贅沢な仕上がりです。

Alsas1










最後は「パン・デピス」

直訳すると「スパイスパン」と言われるくらいたっぷりとスパイスを使うお菓子。

こちらはフランスのブルゴーニュ地方やベルギー、そして、アルザス地方で食べられる伝統菓子。

スパイスの他にもドライフルーツやナッツが入った贅沢なお菓子です。

生地にはバターが入らないのですが、その分スパイスが際立つところもまた魅力…。

こちらもサクランボのキルッシュ入りなのがアルザス風です。

Alsas5








クッキーのように仕上げているので、飲んでいる時の中間の箸休めならぬ、舌休め(?)にワインにウィスキー、ビール、濁り酒などなどと一緒に…おつまみにもおススメの「パン・デピス」です。












そんなアルザスのお菓子をあれこれ取りそろえた「アルザス@ピーナッツ」

今週の28日金曜日にピーナッツさんに登場いたします♪

皆様のお越し、心よりお待ちしています。


クグロフ(大 1350円/小 650円)     予定販売数 大6個   小6個

アルザス風サバラン(一個360円)     予定販売数 40個

パン・デピス(一袋・50g285円)          予定販売数 15袋




ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

« サンサン DE ジャンレイ♪ | トップページ | アルザス@ピーナッツ♪~パン・デピスのお話 »