フォト
無料ブログはココログ

« アルザス@ピーナッツ♪~パン・デピスのお話 | トップページ | アルザス@ピーナッツ♪~サバランのお話 »

2017年4月26日 (水)

アルザス@ピーナッツ♪~クグロフのお話

「アルザス@ピーナッツ」に登場するお菓子のお話、お次は「クグロフ」のお話をさせていただきたいと思います。

Alsas2






「クグロフ」は独特の冠のような形の型で焼くブリオッシュ生地のパン。

中にはサクランボのキルッシュやレーズンなどが入った贅沢なイースト菓子で、アルザス地方のあらゆるところで見かけることができます。

Kugrof1




Kugrof2





その歴史は古く、ルイ16世の王妃マリーアントワネットがオーストリアからお嫁入りする際、アルザス地方を通過したことで伝わったといわれる説や…。

アルザス地方の陶器職人が、キリストの誕生を祝うために東方からやってきた3人の聖人(メルシオール、ガスパール、バルタザール)を家に泊めてあげ、そのお礼にと、その職人の焼いた風変わりな陶器で3人の聖人が焼いたパンがクグロフの始まりという説…。

Kugu






いずれにしても、マリーアントワネットが愛したお菓子と言われるほどフランスのお菓子の歴史にはなくてはならないお菓子であり…。

現在も多くのアルザス人の生活に欠かすことのできないお菓子となっているのがクグロフなのでした。





そんなクグロフは、すっきりとした飲み口の白ワインに漬けながら食べるのがおススメ。

ほどよくワインを吸ったキルッシュ入りの生地が、口に中で華やかに薫るのです…。

Alsas3








クグロフは、大1350円/小650円ピーナッツさんで販売いたします♪

素朴な中にも華やかさを感じるクグロフで、ワインな休日をお過ごしいただけたら嬉しいです♪

« アルザス@ピーナッツ♪~パン・デピスのお話 | トップページ | アルザス@ピーナッツ♪~サバランのお話 »