フォト
無料ブログはココログ

« アルザス@ピーナッツ♪~クグロフのお話 | トップページ | 6月の焼き菓子セットのご案内です♪ »

2017年4月27日 (木)

アルザス@ピーナッツ♪~サバランのお話

いよいよ明日になりました、釧路市内のインテリアセレクトショップ「ピーナッツ」さんでの「アルザス@ピーナッツ」企画。

今日は、「アルザス風サバラン」のお話をさせていただきたいと思います♪

Alsas1







ジャンレイで人気の定番メニューである「サバラン」

バターたっぷりのブリオッシュ生地をラム酒のシロップに漬け、さらにクリームを絞ってラムレーズンを飾ったお菓子。


元々はパリの老舗のお菓子屋「ストーレー」のパティシェが考案し、当時の美食家「ブリア・サバラン」に敬意を称し、彼の名前をとって「サバラン」と命名したといわれています。

フランス古典菓子であるサバランは、見た目は派手ではないのですが、そのジュワーッと香りが口いっぱいに広がるところやラム酒の香りが大人のお菓子として人気です。





今回は、アルザス風ということで、ラム酒の替わりにサクランボのキルッシュを使いました!!!

キルッシュは、サクランボを種ごと潰して発酵させ、6週間ほど寝かせた後蒸留した透明のお酒。

この画像の中央にある瓶がサクランボのキルッシュ。

Alsas4






フルーティーであり、キレがあり…。他のお酒には無い味わい。

貴重なものであることから御値段もかなり高価…。

そんなキルッシュを今回はふんだんに使って、ブリオッシュ生地に浸みこませています。





さらに、クリームの中には辛口白ワインに漬けこんだチェリーを忍ばせ…。

上にはホワイトラムでマリネしたチェリーを乗せています。

Sabaran3


Sabarana









キルッシュ薫るサバランで、ほろ酔い春の夜をお過ごしいただけたら嬉しいです♪



アルザス風サバラン   1個 360円


インテリアセレクトショップ「ピーナッツ」さんで、お菓子たちが皆様のお越し、心よりお待ちしております♪

« アルザス@ピーナッツ♪~クグロフのお話 | トップページ | 6月の焼き菓子セットのご案内です♪ »