フォト
無料ブログはココログ

« 卒園式♪ | トップページ | フランスに行ってきました!その2~プロヴァンス地方・アヴィニョン »

2017年3月30日 (木)

フランスに行ってきました!その1~アルザス地方

昨日、無事にお菓子の国、フランスから帰ってきました!

今回は、今まで行ったことのあるところでもう一度訪れたい場所を中心に行ってきました。

そして、今回は娘と初めてのふたり旅…。

どんな旅だったか、少しずつ書きとめていきたいと思いますので、良かったらお読みくださいませ♪


日本を発って、12時間のフライトの後、パリのCDG空港に到着。

ほっとする間もなく、新幹線TGVに乗継ぎ、アルザス地方のストラスブールへ向かい、夜にやっとアパートに到着しました。


ちなみに、私の旅の宿予約のポイントはそこそこ便利なところで且つリーズナブルなところ。

今回のアパートも一泊当りふたりで33ユーロ(5000円位)というお手頃価格。

が、しかし、予約サイトの書き込み(口コミ)にも良い口コミだけではなく、苦情も寄せられていたので、どんなところなのかちょっとドキドキしながらの到着でした。

部屋に入ってみると、なかなかの使い勝手の良さ。

スタッフも親切♪

と言う訳で、アパートはなかなかの当たりでした♪

Stras1




さて、なぜ再びアルザス地方を訪れたいかと言いますと…。

このフランスの端っこ、ドイツとの国境近くのアルザスは、フランスとドイツの歴史に翻弄され、「アルザス語」が存在するくらい独特の文化を持つ土地。

フランス人の中には「アルザスはフランスでは無くアルザス」と言う人もいるとか…。

お菓子についてもパリで活躍するお菓子の巨匠たちを生み出した独特の食文化を持つ場所なのです。

かのマリーアントワネットがフランスに嫁入りするときに通った事で、オーストリアの食文化の影響も強く受けるアルザスは、マリーアントワネットが愛したお菓子「クグロフ」もまた有名。

どこのお店に行ってもクグロフを見かけます…。

Stras7

Stras9

ちなみに、重いのにクグロフの型も購入…。

Kugu



旅の初めから型やらレシピ本やら…。重いものばかり…(笑)


その他、プレッツェル、タルト、フォレノアール、ストゥルーデル、ヴェラヴェッカ、パン・デピス、アルザス風サバラン、キッシュなどなど…。

一回の旅ではとても食べ切れない…が、食べてみたいものばかり…。

当然、お店ごとに味も違うものだから、同じものをそれぞれのお店で買って食べているともはや3度の食事をお菓子にしても食べきれず…。

胃が4つくらいあったらいいのに…(笑)

まさにフォアグラの如く食べ続けておりました…(笑)


こちらはプレッツェル。

塩気の強いパンは、おつまみにも最高!

Stras3

この形がまた魅力的…。

Stras4



何軒も行きたいお店があり、これは一軒目…。

Stras5




さくらんぼをキルッシュに漬けこみ、ケーキ全体もたっぷりとお酒を吸った「フォレノアール」(黒い森)

美味しいキルッシュもこの土地の特産。



Stras8



ストラスブールの一番の老舗「ネゲル」

ここのタルトは本当に美味しい!

妥協無くしっかりと焼き込んであり、アーモンドの香るタルトの数々!!!

Stras12


このしっかりと焼きこんだ感じが香ばしくて良いのです…。

ルバーブのタルトがあったので、アーモンドと一緒に焼きこんだルバーブを食べました♪

Stras11





このお店では、クリスマス菓子の「ヴェラヴェッカ」が売っていて、大喜びで購入!

Stras13

その後、思いがけずヴェラヴェッカを何度か見つけました♪

Vera




アルザス風の「サバラン」は、ラム酒では無くキルッシュを利かせたもの…。

Alsas12

この辺りから行ったはいいけれど、写真に撮り忘れるお店続出…。

買ったそばからその辺に座りこみ、持ち歩いている箸やフォークで食べているものだから、もはや、何軒行って何をどれくらい食べたのか分からない状態…(笑)

娘にも「食べてばかりだねぇ…」と呆れられ…。





こちらは、お隣の街「コルマール」で入った「パン・デピス」の美味しいお店

Alsas4

コルマールの市場でもパン・デピスがたくさん…。

Alsas10








そして、丁度「復活祭」の時期だったので、お菓子屋さんのウィンドーはチョコレートで作ったウサギで飾られていました。

復活祭は卵やにわとりの飾りものも多いのですが、ウサギが卵を運んでくるとかで、アルザス地方ではウサギの飾りも多いのだそうです。

実に可愛らしいウサギたち。

スーパーでは普通にウサギの肉が並び、街のあちこちではウサギのオブジェ。

ウサギが身近なんだなぁ…。


Stras6


ちなみに、お花屋さんの飾りも復活祭バージョン♪

Rivo12

Ribo13



雑貨屋さんの飾りもウサギがいっぱい

Alsas15



お菓子巡りばかりではナンなので…。



時々は娘のリクエストでカルーセルのある広場へ…。

Stras18


広場に行くとカルーセルが置いてあるので、何度となく乗りました…。

ホントは私も乗りたかった…(笑)




こちらも娘のリクエスト。

街の中をボートで巡り旅…♪

Alsas9


Alsas8





そうそう、アルザスは木組みの家が可愛らしい。

こちらは、電車とバスを乗り継いで巡ってきた「リヴォーヴレ」と「リクヴィール」の街…。

小さな小さな可愛らしい町でした。
Rivo16


Ribo15



そして、お店の看板がキュンとなるくらいかわいいのです♪

まるで宮崎駿の世界…♪


Alsas11



Alsas5


Alsas14



こういうハートを「キュン!」とさせるセンスが欲しいものだなぁっとつくづく思います…。

一体何がこのセンスや食文化を生み出すのだろうか…。


私からは遠すぎる文化で考えてもさっぱり分からないのですが、それにしても味も空気も風も香りも何もかもを小さな箱に入れて持ち帰りたい気持ちになりました…。

そして、時々その箱を開けて空気を味わったら、いつかハートをキュン!とさせられるようになるのかなぁ~なんて思いながら小さな街を後に…。




アルザス地方の街。ストラスブール、コルマール、リクヴィール、リヴォーヴレの事を本当にかいつまんで書いてしまいましたが、書ききれないくらい魅力ある街…。

何かの機会にアルザスの続きを書けたら思います♪

お読みいただきありがとうございます!

アルザス地方の次はプロヴァンスへ…。

« 卒園式♪ | トップページ | フランスに行ってきました!その2~プロヴァンス地方・アヴィニョン »