フォト
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

今年も一年ありがとうございました!

今日は大晦日。早いもので、一年が終わろうとしています。

Snow



お陰さまでたくさんのお菓子を作り、たくさんの出会いの場へと足を運ぶことができた一年でした。

それもこれも、変わらず支えてくださっている方達あってのジャンレイです。

新しい何かをするとき、尻込みしそうになるとき、わくわくしているとき、いつも見守って下さり、時には背中を押してくださる方がいる…。

そのありがたさをひしひしと感じた年でもありました。

さほど多くの事はできない私ですが、小さな一歩でも踏み出し続けたいという想いだけで今年過ごしていた気がします。

今年の大掃除は、工房をいつも以上にピカピカにしました。

「今年もいっぱい働いてくれてありがとう!来年もお願いします」と言いながら、シンクやオーブン、冷蔵庫などなどをゴシゴシと磨いていくと、「なんだか慌ただしく一年終わっちゃったかな?」とか「もっと出来ることあったんじゃないかな?」なんて思っていた気持も不思議と気持ち良く整理されていきました。

ピカピカに磨き上げた時には、なんだかすっかり気持ち良く前向き。

Kobo
そんな工房と同じようにピカピカの気持ちで、来年も一歩を踏み出せたらと思いますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

私を支えて下さったすべての方に、愛と感謝を込めて…♪



ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

2016年12月25日 (日)

メリークリスマス!

メリークリスマス!

クリスマスの朝は、清々しく美しい景色の阿寒町。

Dscf0215


今年の我が家のクリスマス。娘のサンタさんへの気合いの入れようが兎にも角にも面白かった!

クリスマスの随分前から、アドベントカレンダーを毎朝めくり…。

Cake1





お手紙も書かないとならぬと自分の分は早々書き上げ、ついには家族分+犬のゲンの分までお手紙を書き、ツリーの下は手紙だらけ。

サンタも読むのが大変でしょう…。

Cake2




クリスマス当日に雪がなかったらソリが来れないのでは…とか、トナカイさんはちゃんと走ってくれるのかとか…心配は尽きず…。

終いには、「クリスマスの夜は家にいないとサンタさんが来ないから、どこにも出かけちゃダメ!」と宣言。

しかも、「早く寝ないとサンタさんは来ないから、ぱっと食べてぱっと寝る!」と。

そのため、外食もお呼ばれも行かず、家で過ごすクリスマスイブが必然(笑)



イブの前日の早朝から、サンタさんへおもてなしようのケーキやクッキーを作ると張り切り…。

Cake




出来たケーキは、これでもか!と言うくらい、ジンジャークッキーがてんこもり(笑)

Cake3




寝る前にはツリーの下にサンタさん用のお菓子やコーヒーをセットして寝ていました。

Cake4

こんなにも心底サンタさんの登場を心待ちにするなんて…。

もしかしたら、とっても貴重な時期なのかも…。

そんな風に思ったら、最初はちょっぴりメンドクサイと思った娘のサンタさんへの情熱も、とことん付き合いたくなった今年のクリスマスでした

来年もこの情熱、このパターンであるといいな…。

皆様のよいクリスマスの日になりますように!





ホームページはこちらです→パティスリージャンレイ








2016年12月14日 (水)

バラ香るクリスマス市♪

ヴェラヴェッカは、フランス東部アルザス地方特有のクリスマス菓子。

Dscf0157




「洋ナシのパン」と言う意味を持つこのお菓子は、良質の洋ナシをキルッシュ(さくらんぼのお酒)に漬けこんだものやドライフルーツやナッツをたっぷりと…。

Dscf0156_2






たっぷりとは、小麦粉をほんのつなぎ程度しか使わず、ほとんどがフルーツやナッツというくらいのたっぷり具合。(粉の5倍以上のフルーツやナッツが入っています)

そんな生地をじっくりと焼きこんだお菓子です。

外側はカリっと中はフルーツのネチっとした感じが独特の風味。

アニスやシナモンなどのスパイスも効いた大変贅沢なお菓子。

濃厚な味と歯ごたえなので、5ミリ以下に薄く切って少しずつ食べるのがおススメで、コーヒーなどの他にワインなどのお酒にもよく合います。

今まで、ジャンレイではごく一部のマニアなお客様への特注お菓子として作っていたのですが、今年のクリスマス市では一般売りする事に致しました!!!

オーガニックの良質の洋ナシやドライフルーツが手に入らないと作る事の出来ないヴェラヴェッカ。

限定18本となりますので、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ♪

Dscf0155_2






クリスマス市は、12月18日日曜日。フィッシャーマンズワーフMOO2階にて行います。

Xmasichi



皆様のお越し、心よりお待ちしています。
ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

2016年12月 3日 (土)

横須賀のおばあちゃん

私の母方の祖母は妙にハイカラだった。

私の家に祖母が遊びに来る時の出で立ちは、つばの大きい帽子にヒールの高いパンプス。ピンク色のワンピース。

両手いっぱい、当時は珍しかったファーストフードのハンバーガーを抱えてやってきた。

田んぼや畑に囲まれている我が家で過ごす数日間を「あー、田舎ってのんびりできていいわねぇ~」と…。

田舎育ちの私には、祖母は新しい風をいつも持って来てくれる人。

「パンが買うものでは無く、作ることのできるもの」と言うことも祖母から教わった。

祖母の家に行くと、パンを焼いたりフランス料理を作ったり…。

今でこそ、パンを手作りする人は多いが、40年も前は「パンは買うもの」というのが常識だった時代に祖母のすることひとつひとつが衝撃だった。

お風呂場の蓋の上にパンの生地を乗せ、膨らんでいったらガスオーブンに入れ…。

「がんばれば、自分で作れないものは無いのかも…」と言う気にさせてくれたのは、そんな祖母の手を見てからからかもしれない。

若いころはダンスホールを経営し、家には外国の人たちが集まって…。

私が物心ついた頃は美容院を開いていて、私の髪の毛を切ってくれたのも祖母でだった。

多分、好奇心のかたまりみたいな人で、歳をとっても色んな事に挑戦し続けていた人だったのだと思う。

そんな祖母が数日前に95歳でこの世を去った。

いつものように過ごし、まるで昼寝をするように天国へ旅立ったという祖母。

今、私の手元には小さな頃にもらったマドレーヌの型がある。

Dscf0132


祖母が愛用していたもので、私がお菓子作りを始めた40年くらい前に譲ってくれたもの。

今までも、そして、これからもこのマドレーヌ型と一緒にお菓子を作り続けていきたいと思う。

おばあちゃん、本当にありがとう。また会う日まで…。

12月の頒布会タルトは…♪

早いもので12月です。

今月の頒布会は、「赤ワインタルト」をお届けしています。

Wine



このタルト、数年前にイベントなどで作ってみたら大好評!

是非、また作って欲しい!とおっしゃって下さる方がいらして、ついに頒布会のメニューに加えることになりました。

イメージはヨーロッパでクリスマスの時期に飲まれる「ホットワイン」

赤ワインの中にスパイスやオレンジなどを入れて飲む冬ならではの飲み物です♪

Wine1

赤ワインタルトも、赤ワインにスパイスやベリー、レーズンなどを加えて焼きこみ、さらに、上にはオーガニックチョコレートで作ったガナッシュを乗せています。

あれこれと慌ただしい季節ですが、赤ワインタルトでほぉーっと一息つきつつ、一年を振り返っていただけたら嬉しいです♪

ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »