フォト
無料ブログはココログ

« キャラメルナッツタルト | トップページ | スロウ村の仲間たち 2016 »

2016年10月 4日 (火)

きゅうりの酢の物…。

先日、娘の幼稚園で行われたお誕生での出来事。

お誕生会とは、その月に生まれた子供たちをみんなでお祝いするというものなのだが、その一連の流れの中で、お誕生月の子供たちがひとりひとり得意なものを発表するという場面がある。

娘のお誕生会で発表する子供たちは、娘を入れて6人。

ひとりひとり順番にステージに上がって、日頃一生懸命取り組んでいるものを発表。

歌を歌ったり、踊ったり、鉄棒だったり跳び箱だったり…。

飛んだり跳ねたりしている姿は、何とも子供らしくて可愛らしい。

で、我が娘の順番である。

ちなみに、我が娘は今年年長組。つまり、幼稚園で迎えるお誕生会は3回目となり、幼稚園最後のお誕生会でもある。

過去のお誕生会で、娘が何を発表したかと言うと年少組の時は「洗濯物干しやとりこむこと、衣類たたみ」年中組みの時はお江戸の紙切り職人もどきの「紙細工作り」

歌ったり踊ったりする子供の後、シーーンと静まり返り、みんなが注目する会場で黙々と取り組む娘の発表には親の私も心底驚かされた(笑)

それでも過去の2年間でだいぶ免疫のついた私。

今年はどんな手でくるのか我が娘…。

可愛い子供たちが順番に発表し終え、いよいよ娘の発表。

「きゅうりの酢の物を作ります!」

「主婦かアンタは!」と危うくつっこみそうになる私(笑)

Kyuuri








で、またまたシーンと静まり返る中、ステージの上で黙々ときゅうりを切り続ける娘。

これがまた結構長い時間。はっきり言って、他の子供たちよりずっとずっと時間ばかりとっている。

やっときゅうりを切り終えたと思ったら「シオを入れます」と一言…。

再び無言で混ぜる娘。

お次は「酢を入れます」

で、また無言…。

その間、じっとステージに注目している他の子供たちも偉いし、そばで娘のやることをじっと待っている先生も偉すぎる!!!

年少の時、担任の先生から「幼稚園はじまって以来の面白い発表をした」と言われた娘。

その担任の先生が、3年間、娘の一風変わった発表を温かく見守ってくれ、子供達もそんな発表の様子に興味を持ってくれ、何だか娘のきゅうりの酢の物の可笑しさとみんなの愛情に、笑ったり涙が出そうになったり…。

そんなこんなの幼稚園のお誕生会も今年で最後。

いい想い出作ってもらえたねheart01みんなありがとうnote




« キャラメルナッツタルト | トップページ | スロウ村の仲間たち 2016 »