フォト
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

ラーメンどんぶり?

今日は朝からサバランを仕込む日。

ついでに久しぶりにクグロフも焼こうと型を出す。

クグロフの型はこのカットがまた美しく、しばしうっとり…。

Dscf8735





ちなみに、クグロフは、かの有名なフランス王妃、マリーアントワネットがオーストリアからフランスに伝え、こよなく愛し続けたお菓子。

お嫁入りの際、アルザス地方からフランス入りしたこともあってか、今でもアルザスに行くと山積みになって売られているクグロフを見かけるし、朝からアルザスの白ワインに浸しながら食べている人も見かける。

そんなこんなのクグロフ型を出して、生地を流しいれるのに型を上向きにしたところで5歳の娘登場。

Dscf8736



「あ!新しいラーメンの器?」

「・・・・・・・。」

麗しきフランス王妃マリーアントワネット様、うちの娘にかかったら、美しいカットのクグロフ型もラーメンどんぶりに見えるようでした…。

思い出しては可笑しくなりつつ、サバランも無事に完成。

Sabaran






お菓子の型には、様々なエピソードがあるのでした…。

ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

2016年4月22日 (金)

雷ケーキ

随分前になりますが、ご近所のおじさんのお家に行ったときの事…。

我が家の家の周りは農家さんが多いため、皆さん、資材や車、道具などなどを入れておく巨大な物置なるものがあるのですが、そのお宅も例に漏れず、物置の中には面白そうな道具がいっぱい。

そんな物置の中にごろんと転がされていたのがコレ!!!!

Dscf8723





南部鉄で出来たいわゆる今川焼きや大判焼きの焼き型らしきもの。

お菓子の型や道具にはジャンルを問わず心惹かれちゃう私。思わず「うわーーーー!!heart01っと歓声♪

おじさん曰く「捨てるつもりだから欲しかったら持って行っていけ」と…。

もちろん速効我が家へつれて帰ったことは言うまでもありません。

以来、娘のおやつ作りに大活躍。

ちなみにネーミングは型に刻んである稲妻や雷ボウヤからとって「雷ケーキ」

Dscf8724





オマケですが、少し前に骨董品屋さんでこんなワッフル型も見かけ、もちろんこちらも購入いたしました。

Dscf8725






重くてかさばって「いったいナンに使うのよ!」と言うお菓子の型が日々増えていく私の暮らし。

断捨離、私には無理なのかも…(笑)


ジャンレイホームページはこちら→パティスリージャンレイ

2016年4月21日 (木)

九州の震災

先週から続いている熊本・大分での地震による被害。

被害に遭われた方たちへの一日も早いご回復をお祈りするとともに、未だ、知人と連絡が取れず、何もできないことへの無力を感じる。

5年前の東日本大震災の時も、親戚たちの安否が確認されるまで何も手につかず…。

やっと従妹と電話がつながった時には、お互い涙で声が出なかった。

何をしたら良いのか、普通に暮らしていてよいのか…。そんな風にも思ったけれど、自分は自分で元気に暮らしつつ、信頼のおける人たちに支援を託そうと思う。

義援金の寄付もどこにお願いするのが良いのか分からなくなるけれど、やはりこれも信頼できる人に託そうと思う。

月末に北海道から友人たちが現地に向かう。

チームを率いるヤンジーこと山口幸雄さんは、25年前の雲仙普賢岳の噴火の際も現地に駆けつけ、以来、各地の災害のたびに自前のレスキューキッチンを持ち込み、ボランティアで炊き出しをしている。

平常時には、各地でレスキューキッチンをもちいた災害支援講演を活動をし、先日もここ阿寒町の公民館で実践&講演をしてくれたばかり。

そんなヤンジー達が今月末に現地に向かうに当たり、車やボランティア、そして、支援金の受付をしている。

私は、物資はだぶついたり、痛んだり、車に積めなくなってはかえって迷惑になるかなと考え少しばかりの支援金の振り込みをさせてもらった。そして、支援活動は長期化するのと思うので、一度ならず何度も支援を続けたいとも思う。

身近なところで託せる方がいらっしゃらない方、ヤンジーのホームページを参考にしてい炊けたら嬉しいです。

熊本にお住いのお世話になっているあの方。どうか、ご無事でありますように…。

ヤンジーホームページ→災害支援ネットワーク北海道

2016年4月11日 (月)

厚岸の夢風舎

昨日は厚岸のカタムサリにある「夢風舎」 へ行ってきました。

厚岸方面へのドライブはとっても久しぶり。

夢風舎さんに入るのは、今回が初めて。(以前、行った時は定休日で閉っていたのです。)

ドライブ日和の陽気の中、車を走らせ、たどり着いた先にはこんなにすてきな建物。

Yume

我が家を建てて下さった設計士さんが建てた建物と言うことで、ずっとずっと前から気になっていたものの、なかなか厚岸のカタムサリまで行かれずだったのですが、やっと念願かなって行くことができました。



玄関前では、かわいらしい木の楽団がお出迎えです。

Yume1







今、夢風舎さんでは、釧路市内のすてきな作家さん達の作品が展示中♪

アトリエMさんの着心地良さそうなお洋服♪

Yume2





きものDEこものさんのキュートながま口♪

Yume3





ル・レーヴさんのかわいい帽子たち♪(ずっと眺めていたのに写真を撮り忘れ…泣)



すてきな3人展は、4月12日まで開催だそうです。

春のドライブに是非おすすめです♪



2016年4月 9日 (土)

カラマツ林の伐採

我が家は、その敷地にトドマツやカラマツが生え、カラマツについてはその数120本以上という量。

冬はきらきら光る朝日を見せてくれ、春には新緑、夏には色濃い緑、そして秋には黄金色をした葉が私たちを楽しませてくれたカラマツたち。

Kara0


が、樹令年数的にも切り頃なのと、カラマツの葉は家を傷めるのと、何より、夫の夢は雑木の森を作りたいこと…。

で、あれこれ考えて、この春にカラマツを伐採することにしました。

いつも数本の伐採の時は、夫や友人たちの助けをもらってチェーンソーで切るのだけれど、120本以上あるので、さすがに今回は業者さんに頼むことに。

伐採する日の朝、夫とふたり、今まで楽しませてくれたカラマツに感謝の気持ちを込めて、根元にお酒とお米をまいて歩きました。

Kara3







あらためて見るとすごい量のカラマツ。

Kara





背も高いから、見上げた空にもたくさんのカラマツの枝。

Kara2

家から見えるこの景色ともお別れです。

Kara4

お酒を巻き終わった直後、早朝から業者さんの登場。

で、驚いたのは重機の登場。

私の勝手なイメージでは、これだけの量のカラマツを切るのだから、チェーンソー持ったオジサンが沢山いらっしゃるのかと思ったら、やってきたのは重機2台のみ。


どうやら一台は木をつかみながら切る役目。(左側重機)で、もう一台は、その切った木をつかんで一か所に集める役目。

Kara5











こんな風につかむ様子はまるで人の手のよう…。

Kara6





何日もかけて、カラマツが切られていくのを見るのはどんなに淋しいだろう…と思っていたのもつかの間、わずか2時間半ですべての木を切り終わったのですから、感傷に浸るどころか、その作業の早さに目が点…。

Kara7









そして、その後も淡々とすすむ重機の仕事。

積み上げられ続けるカラマツたち…。

Kara8







我が家のカラマツがどこでどんな風に活躍していくのか、そして、我が家の雑木の森には何を植えていこうか…。

ここ数日、そんな事を考えている私たちでした。

カラマツさん、本当に今までありがとう。カラマツ林の後は、良い雑木林ができると聞いたので、すてきな雑木の森をつくるからね。














2016年4月 7日 (木)

トドマツ講座とトドマツケーキ♪

楽しい講座のご案内です♪

釧路市内のヴィーヴルのゆかりさんが開催する「トドマツ講座」

今回は札幌の円山コミュニティーで開催!!!

Kitano





実際に蒸留しながらその魅力を最大限に語ってくれるゆかりさんの講座は大変魅力的。

さらに、きんかんやトドマツを利かせたトドマツケーキを食べながらお話が聞けるという魅惑の講座。

Dscf8591







お近くの方、是非、お越し下さいませ♪

お申し込みは、ヴィーヴルの川内ゆかりさんまで→090-9518-8419

2016年4月 2日 (土)

5月の焼き菓子セット♪

毎月恒例、焼き菓子セットのご案内です♪

焼き菓子セットは、頒布会では無く、単発でのお申し込みのお菓子です。特に、5月はジャンレイの人気商品「サバラン」のお届け♪

ご利用いただけたら嬉しいです!

「くるみとレーズンのケーキ」シナモンがほんのり香るケーキです。

Kurumirazan





「プロヴァンスクッキー」南仏をイメージして、アーモンドとパスティスを使ったクッキーです♪

Provan




「ハスカップケーキ」仁木町産の無農薬栽培されたハスカップを使ったケーキです。

Hasukappu






「サバラン」フランスの古典菓子で、今でも愛され続けているこのお菓子。ジャンレイでも人気商品です♪

Sabaran








魅惑のお菓子がいっぱい!詳しくはこちらをご覧くださいませ♪→ジャンレイ焼き菓子


2016年4月 1日 (金)

4月のタルトはネーブルタルト♪

4月になりましたねぇ。新年度、新入生、新入社員…。

春は色々な始まりです。

そんな4月の頒布会タルトは、おひさま色したネーブルタルトです。

Neburu1_3




隠し味にローズマリーを混ぜ込んだタルトの生地はさっくりと…。

中に敷きこんだアーモンドクリームは薫り高く…。

アーモンドクリームの中に忍ばせた夏みかんピールは、ほろ苦さとさわやかさを併せ持って…。

そして、花のように並べた熊本さんのネーブル!!!!

熊本県宇土市の本田さんが育てられたネーブルをタルトにしました。

Neburu2




毎年、これを作るために、柑橘系のピール作り、そしてネーブルのシロップ煮…とひとつひとつの工程に本格的な春の始まりを感じます♪

春のひと時、ジャンレイタルトとご一緒いただけたら嬉しいです♪

ジャンレイホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »