フォト
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月29日 (土)

手作り歯磨きペースト

先日、南の島のMちゃんが教えてくれた「歯磨きペースト」を作ってみました。

Dscf5975


材料はいたってシンプル。

ココナッツオイル(ナチュレオを使用)に重曹、塩、くず粉、ハッカ油。

Natuleo

ハッカ油は、北見のハッカねぇ~。

Dscf5974



市販の歯磨き粉は発泡剤やらなにやらかにやらが入っているせいか、ナンだか怪しい。それに比べて実にナチュラル~♪

溶かしたココナッツオイルにその他の材料を混ぜるだけと言う簡単なのに、優れもの。

歯磨きタイムがより楽しく…heart01

何より楽しいのは、使うたびにMちゃんの笑顔を思い出せること♪

2015年8月26日 (水)

オリーブ石鹸♪

ものすごーく久しぶりにオリーブ石鹸を仕込みました。

長年、髪の毛を石鹸で洗っていて、その時いい仕事をしてくれるのがオリーブ石鹸。

市販のものもイイのですが、自分で作ったオリーブ石鹸の方がどう言う訳かしっとりとした仕上がり。



久しぶりだったので、記憶をたどりながらオリーブ油を湯煎にかけて…。

Dscf5928


苛性ソーダを水で溶いて…。

Dscf5929





オリーブ油と苛性ソーダ水の温度を合わせたところで混ぜ合わせ…。

この時、私は20分ほど混ぜ続けるのですが、この20分が長いのですよねぇ…。たかが20分、されど20分。でも、後々の工程に大きく影響するので、さぼらずやっぱり20分。

Dscf5931





で、24時間後。型入れ時になったので、流し込んでしばらくおやすみ~~sleepy

Dscf5933





今回は、クレイを入れたものと、ハマナスの花びらを入れたものの2種類。


ハマナスの花びらバージョンは初めての試み。


石鹸つくりは何となくお菓子作りと似ているような科学の実験のような…。


そんなところがハマる理由なのかも…。


仕上がりが楽しみ!




2015年8月23日 (日)

うちのゲン

ゲンは、我が家のワンコ。

Gen1


ゲンは、一年くらい前に、里親掲示板で飼い主募集になっていたワンコ。

ゲンの元飼い主さんは、転勤先でワンコが飼えず、泣く泣くゲンとお別れをする。

ゲンは、新しい飼い主になった私たちや前からいた猫のビビともすぐに仲良くなるとてもイイ子。

ゲンは、名前を呼ぶとこんな風に耳が後ろに倒れてアザラシみたいな顔になる可笑しな子。

Gen2


そんなゲンを恋しいと思ってくださる元飼い主さんは、時々遠慮がちに「ゲンは元気ですか?何してますか?」と連絡をくれる。

とっても遠慮がちに「もしお手数じゃなかったら写真を送ってもらえませんか?」とも。

写真をお送りすると、「こんなに可愛がってくださって、本当にありがとうございます。これからもゲンをお願いします。」とお返事くださる。

ゲンの元飼い主さんは、ゲンをとっても可愛がっていたことが良く分かる。

ゲン、ずっと大事にされてきたんだね。

うちでも大事にするからね。ずっと一緒にいようね♪

2015年8月20日 (木)

ヴィーヴルスペシャルの巻

今週末、8月23日日曜日は、釧路市内のアロマのお店ヴィーヴルさんのオープンデー

素敵な物づくりの人たちが沢山出展する中に、ジャンレイも混ぜていただきます。

ヴィーヴルのゆかりさんは、私同様マニアックなもの好きheart02

そんなゆかりさんにますます良い刺激を受けてのオープンデーなので、「ヴィーヴルスペシャル」なお菓子をご用意する予定です。

その一つがこちら…。

リンツァートルテ!!!

Rintula



リンツァートルテはスイスやドイツなどなどで見られる郷土菓子で、アーモンドやレモン、シナモンなどを加えた生地と生地の間に、ラズベリージャムなどを挟んで焼きこむお菓子。

ケーキ屋さんに山と積み上げられていたのを良く見るくらい、人気のお菓子です。

それを今回はどんな風にヴィーヴルスペシャルにしたかと言うと、何かには夏みかんマーマレードとアンズを挟んだのですが、そこにはヴィーヴルのゆかりさんお手製の「ライラックのティンクチャー」も振り掛けました。

ライラックのティンクチャーは、ライラックをウォッカ漬けにして何年も眠らせたもの。

Dscf6055_2


ライラックの香りがするというよりは、何かまた別の甘い香りがします。

お菓子は、それ自体の味がガツン!とする訳ではないのですが、縁の下の力持ち的に良い仕事をしてくれるのです。

日曜日は、私は残念な事に所用で会場には行かれないのですが、お菓子達が皆様にお会いできるの心からお待ちしております。是非、ヴィーヴルさんのオープンデーにお越し下さいませませ♪

ヴィーヴルオープンデー 2015年8月23日日曜日11:00~

釧路市武佐2-2-20
電話 0154-46-6461

ジャンレイホームページ→パティスリージャンレイ

2015年8月19日 (水)

積丹半島

先日、我が家の毎年恒例となりつつある「夏休み、積丹半島企画!」でした。

積丹半島やその界隈に住む友人を訪ねる旅。

これがまた日頃できない経験の連続で楽しいったらないのです!

積丹半島の入り口の古平町に住む友人は「タキノ農園」 と言う、卵&お米農家さん。

それも、平飼いの鶏ちゃんが産んだ卵にアイガモを使って無農薬栽培するお米作りというこだわりの農家さん。

ジャンレイのお菓子の卵もこちらでお世話になっています♪

娘は友人宅のちびっことともに、朝から鶏小屋に入り…。

2015081409190000



卵採りのお手伝い(邪魔?!)

2015081508220001



自分で捕まえたバッタを鶏にあげてちょっと手なずけてみては、「鶏ちゃん可愛いーーー!」と言って追っかけまわし、最終的には抱っこして捕獲。

2015081508250001



昼は目玉焼きを食べ…。

2015081507280000

夜はさばいた鶏を食べ…。

Tori



合間合間に海に行き…。

2015081314310000


我が家の昭和な海水浴セットを広げ、ひと泳ぎ。

2015081413420000


こんな経験、そうそうできるもんじゃありません!!!


それもこれも、温かく迎えてくれる友人家族があるからだと思うと、言葉にできないありがたさを感じます。


会えても年に一度。それでも何か心の中でずっと繋がって、会ったとたんにあれこれ話が止まらなくなるお友達っていいなぁ…heart01


来年もまたお世話になりまーーーす!!!!!


2015年8月11日 (火)

御使い物♪

時々ご依頼があって作らせていただく「御使い物」シリーズ。

今朝作ったのはこちら。

Dscf6040_2


お盆でご親戚が集まる所にお持ちするのだとか…。

みなさんが集まる所にジャンレイのお菓子。

考えただけでも嬉しくなりますheart02

お菓子たちよ、ご訪問先でいい仕事をするのだぞ!

ご依頼、本当にありがとうございます♪

ジャンレイホームページはこちら→パティスリージャンレイ

2015年8月10日 (月)

ワーカーホリックなり!?

ここ数年、薄々ではあるが自覚しつつある症状「ワーカーホリックなり!?」

仕事が一段落し、時間がぽっと空いたその時、ちょいと気分転換的な事が上手に出来ないばかりか、「もっと努力せねば」「この時間にも試作したほうがいいのでは」「今、このときに何か新しい企画を考えねば」などなど、もう一人のワタクシめが耳元でささやくのです。

心のどこかのコンプレックスから来るのか、本来の性分がそうさせるのか分からないけれど、昭和のお父さんみたいな状態になる。

仕事熱心!と褒められるのは大きなマチガイで、早い話「オンとオフの切り替えがへた」なのである。

とりわけ、自宅の続きに工房があるもんだから、家でのんびり~と言う気になれないのも言い訳がましいがほんとのところ。

でもね、本当に仕事ができる人は、きっと上手に心と体を定期的に解放してあげれるのでしょう。

それによって、より柔軟にすてきな仕事ができるのだろうなぁ…。

あぁ、ラテンの国の人たちを見習わねばーーー!(って、勝手にラテンな人々はバカンス上手とひとくくり)

真昼間からぐだぐだワイン片手に昼寝(?!)←ラテンのイメージ。

仕事が楽しく出来るのも大事なのだけれど、やっぱりぼけーーーっと充電することでより一層良い仕事ができるのだろうなぁ…。

いや、はたから見れば充分遊んでいるか…。

そうかもしれぬが、やはり「上手にオンとオフ!」

この課題との付き合いが随分長い気がするが、当面の目標coldsweats01

週末は薪割りな日々

この前の冬に倒した敷地内のカラマツ。

薪にするための前段階で、夫がぽちぽちタマ切りにしているうちに数ヶ月経過。

いよいよそれを割って積んで…と言う作業をしないと冬になっちゃうよなぁ~。あーでも大変じゃー。

と思うと気が重く、なんとなく夫とその手の会話を避けることさらに数ヶ月。

しかし!気がつけばもう8月も半ば。

週末しかできない作業の上に、毎週末必ず薪割り作業ができるとも限らず…。

という事で、意を決して、この週末からとりかかることにしました。

やり始めると鬼のような心でお互いゲキを飛ばしあう私たち。

「ホレ!もっと」「ホレ!がんばれ」

Dscf6029



がんがん割っているような気がするけれど、積んでしまうと結構少ない…。

Dscf6030



当然の事ながら週末の2日間では終わるはずもなく…。

ついに始まった、「週末は薪割りな日々」

加えて、きっと、恐らく忘れた頃にやってくるであろう「筋肉痛!」(気のせいか、この筋肉痛の表れが、年々遅くなっているような…)

温かい冬を過ごすために、しばし、がんばらねば…。


2015年8月 5日 (水)

9月の焼き菓子

9月の焼き菓子セットのご案内です。

焼き菓子セットは、単発でのお申し込みなので、日ごろジャンレイのお菓子が気になっているぅ~と言う方、是非この機会にお召し上がりいただけたら嬉しいです♪

お届けの中身は…。

オーガニックのドライチェリーを洋酒漬けし、チョコレートと合わせた「チェリー&チョコのケーキ」

Cherrychoco



仁木町で無農薬栽培された「カシスのケーキ」

Kasis_1_2




金塊の意味を持つフィナンシェは、その名のとおりアーモンドをたっぷり使ったリッチなお菓子「紅茶のフィナンシェ」

Teafinancer_3




仁木町で無農薬栽培された「ブルーベリーケーキ」

Blueberry_2

などなど、詳しくはこちらをご覧くださいね♪→ジャンレイ・焼き菓子

2015年8月 4日 (火)

ルバーブパイ

遅くなってしまいましたが、8月の頒布会タルトのご紹介です!

今月は、釧路産のルバーブを使ったメレンゲパイをお届けしています。

Rubarb6


ルバーブは、シベリア原産のタデ科の植物。

Rubarb



ヨーロッパでは、マルシェに山積みにされるほど大変ポピュラーな食材なのですが、日本ではまだまだご存じない方も多いようです。

Rubarb4




ジャンレイで最初に登場した時は、皆さん「ルバーブってナンですか?」とおっしゃっていましたが、ありがたいことに今ではルバーブファンが多く、毎年このルバーブパイを楽しみにしてくださっています。

北海道は冷涼な気候がルバーブに適していて、ぐんぐんと美味しいルバーブが育ちます。

「ルバーブは雨の日が美味しい」と言われているので、今年もしとしと雨降りの中収穫してきました。

Rubarb2



生クリームなどで作ったクリームをルバーブと一緒に焼きこみ、仕上げはメレンゲを絞って焼いています。

さくっとしたパイ生地。ルバーブの酸味とクリームやメレンゲの甘みが絶妙なコンビネーションのパイです。

今年の夏も、ルバーブパイが作れたことに感謝感謝です。

ジャンレイのホームページはこちらです→パティスリージャンレイ

2015年8月 3日 (月)

真砂三千代さん衣展、終了しましたーーー♪

7月31日金曜日から3日間開催され、土日はお菓子の販売で出展させていただいていた「真砂三千代」さんの衣展。

お天気にも恵まれ、沢山の方がお越しくださり、昨日無事に終了しましたーーー!

毎年思う事。

三千代さんの衣には、パワーが宿り、その衣たちの並ぶ空間は、透明で柔らかく、でも力強さを感じる不思議な場所になる。

そんな空間に身を置き、三千代さんとお話させていただけると、体の奥から湧き出る心地よい勇気があふれ出るのです。

今年は、さらにご一緒できた出展者さんも多く、訪れてくださった方も多く、皆さんに刺激を受け、お客様に癒された特別な3日間だったような気がします。




同じ空間を伴にさせてもらった仲間たち♪

Sindo1



カフェでの写真はゆっくり撮れず、まだ始まる前の様子。

Cafe



お菓子はお陰さまで完売で…。

Tart1



ヴィーヴルのゆかりさん、バブーシュの由美さんと一緒に♪(他の出展者さんと写真が撮れず、心残り…)

Babusyu



身に付けるだけで気持ちが前向きになる三千代さんの衣。今年はアニス染めのロングブラウスとヒイラギ染めのTシャツを買いました!

Koromo



この3日間の特別な時間を心の宝箱にしまって、また1年間がんばろう!

遠いところお越しくださった皆様、本当にありがとうございます。そして、企画したしっでぃぐりーんさん、ありがとうございます!!!愛と感謝を込めて…。













« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »