フォト
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

つ・い・に!

前々からずーーーっと気になっていた「プハン」。買ってしまいました!

注文から到着までの数日間、「これで、持病の腰痛も、ちょっとがんばるとすぐ凝る肩も、ほぐされるかしら~」とうっとりしながら待ち、ついに昨日到着!

Dscf6556

夫などは、たった一箇所、ちょこっとやっただけで、「肩こりがうそのように治ったーーー!」と宣伝部長のようにプハンをほめまくり。あまりの褒めように、実際の効果なのか、気のせいなのか疑わしいくらい…。

でも、ま、ホントに気持ちよかった。寒い中、庭仕事していた体には、キク~って感じでしたheart01

この連休は、力仕事とプハンがセットになりそうな、そんな予感bleah

ホームページも是非ご覧くださいませ → パティスリージャンレイ

2013年4月26日 (金)

プロヴァンスクッキー

南フランスに、アニスで香りつけした「パスティス」というお酒があります。

アニスは、せり科の植物でウイキョウのような清涼感あふれる香りのあるハーブ。

爽やかさとはうらはらに非常に高いアルコール度数。どうやって飲むのかというと、注文すると一緒に水の入ったコップが添えられ、自分のお好みに薄めて飲みます。つまり、水割り…。

お水を加えると、透明な液体が乳白色になる不思議なお酒。私も、マルセイユに行ったときにカフェで飲んでみました。

Pastis

お目当てのナベット屋(マルセイユのお菓子屋)に行くには、長い坂を登らねばならず、その前に一息入れておこうと思って注文したのですが、出された量もかなり多く、飲みきらないうちにクラクラしてきたので、途中で断念した残念な思い出。

今思うと、恋人達の多い港のカフェで、こんな景色を見ながら一人パスティスを飲むアジア人は、かなり妙だったような気がします(笑)

Marser

さてさて、そんなパスティスを使ったお菓子。「プロヴァンスクッキー」はアーモンドをふんだんに使い、パスティスでほんのりアニスの香り付け。

Proven2

南仏での旅を思い出して作ったお菓子です。

ホームページも是非ご覧くださいませませ→パティスリージャンレイ

2013年4月25日 (木)

思い思いわれた物達

旅に出ると、必ず買ってしまうのが、お菓子の型やキッチン用品。

これだけ流通が発達している現在、何も旅先で時間を割き、重いものを買わなくてもというものもあるが、やはりこれはやめられないクセのようなもの。

一つ一つ手に取ると、買った場所や旅先の出来事、はては蚤の市で買ったものなどは、以前使っていたであろう持ち主のことにまで思いをはせる。

Dscf6531

そしてそのどれも大切に使っている。

びっくりするほど高かったものもあるが、中には1ユーロで買ってしまったものもある。大切にするのは値段じゃないのだ。はせる思いがあるかどうかなのだ。

ホームページも是非ご覧くださいませませ→パティスリージャンレイ

2013年4月24日 (水)

サバラ~ン♪

サバランとは、パリの老舗菓子屋「ストーレー」で修行していた菓子職人、オーギュスト・ジュリアンが、ババをアレンジして考案したお菓子。19世紀の美食家である、ブリア・サバランに敬意を評してその名をお菓子につけたそうなぁ。

フランスでは今も昔も愛されているお菓子「サバラン」。

昨年、久しぶりにパリの「ストーレー」のサバランを食べました。

クラッとくるくらい洋酒をきかせ、びっくりするくらい甘くしているサバラン。「そうそう、これこれ、これが食べたかったのよぉ~」と叫びたくなるお味!

これはストーレーの写真。右側のカップに入っているのがサバラン。左側のコルク型をしているのがババ。このお店の定番中の定番です。

Sabaran3

ババは、レーズン入りのブリオッシュ生地をコルクの栓の形の型で焼き、洋酒たっぷりのシロップにつけたもの。

サバランは、レーズンを入れないブリオッシュ生地を丸く焼き、同じく洋酒たっぷりのシロップでつけ、さらにくりぬいてクリームを詰めたもの。

5月の焼き菓子に、こんなサバランをご紹介しています。

Sabaran

お酒がきいてかなり大人味ですが、夏みかんピールを生地に混ぜ込み、爽やかに仕上げています。是非一度このクラッとくるサバランを味わってくださいませませ!

Sabaran2

詳しくは、ホームページをご覧くださいませ。

2013年4月23日 (火)

ハスカップケーキ

今日は昨日とうってかわって暖かい!

昨日の朝、雪景色だったのに、今日はポカポカ陽気confident

こんな日は、ハスカップケーキの爽やかさがピッタリ!

Hasukkapu

バターたっぷりの生地に、野趣あふれ、酸味とえぐみを持ち合わせた魅力的なハスカップのジャムを挟み込んだケーキ。

Dscf6526

5月の焼き菓子でご紹介中。詳しくはホームページをご覧くださいませませheart02

2013年4月20日 (土)

乳液作りました!

友人の使っていた手作り乳液があまりに使い心地が良さそうで、私も作ってみることにしました。

化粧水は時々作っていたものの、乳液も作れるなんて、ちょっと新しい発見にワクワク。

色々な作り方(配合)があるようですが、今回は、ホホバオイルと乳化剤を溶かし…。

Dscf6516

そこに少しずつ、温めた水を入れて混ぜて混ぜて…。

Dscf6515

仕上げに、グリセリンとラベンダーやローズマリーのエッセンシャルオイルを加えて完成です!

使っていると、エッセンシャルオイルの香りにうっとり…。

Dscf6514_2 

調べていたら、美容液やクリームも作れるということが分かり、テンションが上がり、色々材料を買ってしまいました。

他のものも上手にできましたら、またご報告します!

  heartホームページも是非ご覧くださいませ→パティスリージャンレイ

2013年4月19日 (金)

お茶、お茶、茶さじ

先月網走に行った際、一緒に行った友人に教えてもらった木彫りのお店「大友民芸店」。

ここで一目ぼれした茶さじ。

Dscf6507

ハマナスの陽気さと香りと夏の空気がよみがえってきそう。

「買っておけば、誰かにプレゼントできるから」とお決まりの買い物許し文句を心の中でつぶやき購入。

そして、お決まりのコースで、気がつけば我が家のものに。

今、この茶さじで入れるお茶は、ちょっとゆっくりした気持ちにさせてくれる。

  ホームページもご覧くださいませ→パティスリージャンレイ

2013年4月17日 (水)

トホホな日

昨日は、持病の腰痛がしくしく痛み、何だか気分も晴れない日。

娘のやることにもイライラし、いつも以上に怒りすぎ。

こんな日は温泉に!とおもちゃを片付け、支度をさせ、やっとのことで温泉到着したら、まさかまさかの臨時休館!

今日は今日で、しとしと降る雨の中、出かけたまでは良かったが、運転中の視界の様子が途中で何やら変になる。

「ん?ん?んーーーーーー!!!!!」

まさかまさかのワイパーはずれ、お空のかなたに飛んでった…。

急いでいるというのに、車をUターンさせ、ワイパー拾う間抜けな姿。

トホホ、トホホな出来事に、何だか笑うしかない今日この頃。

2013年4月13日 (土)

稚内木馬館

娘が生まれたとき、友人がイスをプレゼントしてくれました。

しっかりとした造りで、娘はもちろん、大人が座ってもびくともしない木のぬくもりを感じるイス。

贈ってくれた友人の娘さんも、20年以上愛用しているのだとか。

この度、知人の家に赤ちゃんが生まれ、我が家もこのイスをプレゼントすることに。

作っているところは、「稚内木馬館」という作業所。背中の部分には、お子さんの名前も入れてくれるので、世界で一つのイスです。

届いた箱には、シンプルだけれど可愛い包装紙がかかっています。きっと、娘が座っているイスと同じすてきなイスが入っていることでしょう。

Dscf6271

2013年4月11日 (木)

オレンジの花水

数年前に南仏に行った時、オレンジの花から採った水(蒸留水)を振りかけたお菓子をたくさん見ました。

代表的なのは、マルセイユに老舗のある「ナベット」という乾パン(!?)

Navette

もとは、船乗りが航海に出るときの食料だったとか。

食べると本当にオレンジの花の香りがするのですから、見かけと違ってずいぶんロマンティックなお菓子です。

前置きが長くなりましたが、今日は大事に使っていたオレンジの花水が終わりを告げたので新しいものの封を切りました。

左が今まで使っていたので、エクス・アン・プロヴァンスの薬局で買ったオーガニックのもの。右が、同じ街の食料品店で買った、レバノン製のもの。

Dscf6500

レバノンのは、300cc入って3.5ユーロ!(当時のレートで500円ちょっと)安いですよねぇ~。これくらいのお値段だと、お菓子にバンバン振り掛けることもできるのだろうなぁ~。

さすがに日本では贅沢なものなので、特別なお菓子に使ったり、化粧水にしたり…。大事に使っています。

あ~それにしても、柑橘系の白い花特有の良い香りがします。癒されるぅ~heart04

  

   ホームページも是非ご覧下さいませ→パティスリージャンレイ

2013年4月 9日 (火)

ルバーブケーキ

ルバーブは春の味…。

そんな風に思うようになったのは、フランスのマルシェで春先にルバーブが山積みされているのを見てから。

R2

そのため、この時期の焼き菓子についついご紹介してしまう。

R1

フランスのお菓子屋さんに春先に並ぶルバーブのお菓子。

このケーキも、向こうで買ったレシピ本に載っていたものをアレンジしたもの。

爽やかで、でもちょっとせつなくて…。春の味、ルバーブケーキ。

  ホームページも是非ご覧下さい→パティスリージャンレイ

2013年4月 7日 (日)

サクラサク

北海道に桜前線が上陸するには、まだ少々の時間がかかりそうです。

が!工房の中では「サクラサク。桜咲く。さくらさく~♪」とお花見気分。

今月の焼き菓子、桜のパウンドケーキ。

Sakura2

塩漬けした桜の葉を混ぜ込んだ生地は、甘塩っぱっくてしっとり…。

上には、ちょこんと桜の花cherryblossom

季節限定のパウンドケーキです。

  ホームページも是非ご覧くださいませ→パティスリージャンレイ

2013年4月 4日 (木)

5月の焼き菓子

5月にお届けする焼き菓子のご注文承ります!

お菓子の種類は…。

ほんのりシナモンが香る、「くるみとレーズンのパウンドケーキ」

Kurumirazan

リッチなブリオッシュをラム酒のきいたシロップに漬け込んだ大人の「サバラン」

Sabaran

バターたっぷりの生地に、ハスカップソースがさわやかな「ハスカップケーキ」

Hasukkapu

スペイン産アーモンドや南フランスの銘酒パスティスを使った「プロヴァンスクッキー」

Proven

そして、おなじみの「プレーンパウンドケーキ」

Pond

ご注文方法など、詳細は是非ホームページをご覧くださいませ。お待ちしておりますheart01

2013年4月 3日 (水)

過行く時…。しだれ桜

今回の帰省で驚いたのは、実家の庭のしだれ桜が立派になっていた事。

Dscf6477_4

大きく広げた枝には、美しい桜の花が文字通りたわわになっていた。

Dscf6478

前回見たのは、父の介護で帰省していたときのこと。

日に日に弱っていく父の様子を見て、来年この桜を父が見ることができるのかと思ったとたん、それがとてつもなく先のことに思え、胸がいっぱいになったっけ。

桜も立派になるはずで、来月はその父も7回忌を迎える。

あの時父と見上げた桜。今は、娘と眺める不思議。

2013年4月 2日 (火)

ネーブルタルト

今月は熊本産ネーブルのタルトをお届けいたします。

先日、ご紹介した色っぽいネーブルさん。

コクのあるアーモンドクリームの上に花のように並べて焼きこんだタルト。

Dscf6192

まだ花咲く季節には間がある北国。

Dscf6187

工房に咲くこの花が見たくて毎年作っているような気がします。

隠し味に、夏みかんピールやローズマリー、そして黒胡椒!

決して色っぽいだけじゃないネーブルたちをご賞味くださいませ♪

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »