フォト
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

天童稚児練供養行列

今日は、実家(神奈川県茅ヶ崎市)が檀家になっているお寺の一大イベント、「お稚児さん行列」でした。

この行列、お寺で大きな行事があるときに実施されるもののようですが、今回は、お寺を建て替えた落成式と住職の代替わりのため。

ちなみに、前回は住職が代替わりした入山式のときだったようで、60年位前の話なので、私の記憶にはなく、私の母が行列に参加したそうです。

今回の一大イベントに、なんとうちの娘を出してもらえることになり、そのために里帰りしたわけでございます。

対象はもちろん子供。定員25名のところに35名の応募があり、結局35名で行列をすることになったという大所帯。

先頭には、シチリキや笙を奏でるお坊さんが並び、その後は稚児が続き、そして、新しく入山する住職になるお坊様。

Dscf6442

なんでも、この稚児は天の神様が子供に姿を替えて御導師をお守りしたという説話があり、お稚児の大役を務めた子供は、仏様のご加護の元丈夫に育つとか・・・。

とか何とか言ういわれは我が娘には理解できず、それでも何とかがんばって歩いていました。

Dscf6446

きっとよき思い出になるだろうという、親やババの勝手な思いから参加した行列。昔々のしきたりに参加できたこと、本当に幸運だと思うし、すたれることなく続いて欲しいと感じた大切な出来事でした。

2013年3月29日 (金)

お登りな一日

只今、野暮用のため、実家のある茅ケ崎に帰省中。

昨日は、動物好きの娘のために、上野動物園まで行ってみることにしました。

上野駅を降り立つと、人!ヒト!ひと!人!お花見の人、美術館へ行く人、動物園に行く人。目的は分かりませんが、とにかくいっぱいの人!

上野動物園に来たのは20ン年ぶり。いつもこんなだったのかどうかも記憶が怪しい私。

着いたらすぐチケットが買えて、入ったらすぐにパンダが見れて・・・なんて思っていたら大間違い!何をするにもいちいち並ぶんですもの。

Dscf6362

押し合いへし合いでようやく見れたパンダ。

Dscf6361

一歩外に出ると、桜はこんなにも美しい。

Dscf6359 

東京駅に戻ってくると、何でも天皇皇后両陛下がどこからかお帰りになるとかで、すごいSPの数と人!

Dscf6358

たいへんな人ごみに少々疲れたものの、都会らしさを満喫したことでかなり満足な一日でした。

2013年3月26日 (火)

オースターツォップフ

ヨーロッパの宗教行事とお菓子は切っても切れないいわれや習慣があります。

このオースターツォップフもその一つ。

E

キリスト教で、クリスマスと同様の大きな行事の一つに「イースター(復活祭)」があります。

文字通り、十字架にかけられ亡くなったイエスキリストが復活したことを祝うもので、この日は各家庭でご馳走を食べてにぎやかにお祝いするのだとか・・・。

オースターツォップフは、ドイツのお菓子。「オースター」はイースター、「ツォップフ」は三つ編みと言う意味。ドライフルーツやナッツをたっぷり入れた生地を大小の三つ編みにし、重ねて焼く独特の形。

当日は、家族で切り分け食べあうのでしょうね。

ちなみに、イースターの日は毎年変わり「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」だそうです。

ジャンレイでは毎年4月の焼き菓子の定番。イースト菓子ならではのワクワク感を味わえるので、作るのが楽しみなお菓子。うふふ。そろそろ焼く日も近づいてきました。

2013年3月25日 (月)

熊本産ネーブル

毎年お世話になる熊本産ネーブル。

N

今年も色っぽく、そして美味しそうでしょ。

スライスしてシロップ煮。

N1

色気に磨きがかかるってもんです。

4月のタルトで登場します。

乞うご期待!

またまた地元ネタ

私の住む小さな街にある、魚の美味しい「遠藤商店」。

釧路の市場に負けないくらい美味しい魚がずらりと並ぶので、ついつい近くを通ると寄ってしまう。

先日見つけた珍しいもの。ムール貝より一回り大きいカラス貝の一種?

どうやらパーム貝という代物。

Dscf6273

時々、小さなお店とは思えない珍しいものを仕入れてくるのも、このお店の面白いところ。

レジのおばちゃんが「パスタや何かが合うのさ~」と言うので、パエリアにしてみました。

うん。美味しい!ワインがぐびぐびすすむ一品でした。

2013年3月24日 (日)

地元ネタ

我が家と目と鼻の先に「赤いベレー」という宿泊&温泉施設があります。

温泉好きの私は、「今日はちょっとがんばったから」とか「どうにもこうにも疲れていて、温泉入らなきゃやってられないわ!」とか、何かと理由をつけて利用しています。

Dscf6267

先日、いつものようにお風呂に入りに出かけて行ったとき、入り口にある「今月のお知らせ」的な張り紙を見てびっくり!

12枚つづりの回数券が通常4000円のところ3000円という言うではありませんか。(今月限り)

「バーゲン」や「お買い得」という文字にもあまり振り回されない私が、気がつけば3セットも買っていました。しかも、持ち合わせがあまりなく、一度家に帰ってまた出直して…。売切れてしまうことは無いというのにこの慌てよう。自分でも驚きます。

かくて、昨日はその手に入れた回数券で、堂々入浴!

そのときまた入り口で目にした今月のニュース的な内容。「3月生まれの方は31日入浴無料!」

え~じゃぁ、31日に来ればよかった?いや、また来ればよいのか!とドキドキしたり、納得したり。

たかが温泉。されど温泉。実に、平和な私の週末。

2013年3月23日 (土)

おススメの一品!

肌の美しい友人が毎日使っているという泥「ガスール」。

Dscf6262

私も昨年暮れに購入し、使用すること早3ヶ月。

粉末状態のものなので、お気に入りのアロマやバラ水で溶いたものを顔に塗るとそりゃもうお姫様気分!(その状態の顔は大変恐ろしいらしく、娘に「ガオーになったの?」と聞かれますが…。)

ススメてくれた友人のような肌には程遠い(彼女のお肌は本当にキレイ!)ですが、毎夜、お風呂の中で味わうプチお姫様気分はなかなかのもの。

おススメの一品です!

2013年3月21日 (木)

見上げれば…。

ふと空を見上げると、ヤナギの枝がゆらゆらと風に揺れている。

Y

春の光の中で、穂が枝先できらりと光る。

マシュマロのような柔らかさを感じたくて、思わず手を伸ばしたくなる。

2013年3月17日 (日)

クレープ教室いたしました!

昨日は、しっでぃぐりーんネットワークさんの主催で、クレープ教室を開催いたしました。

当日は雪の降りそうな怪しい天気。そんな中、遠くは別海からのご参加もあり、皆様お忙しい中集まってくださりました。

メニューは、「りんごとキャラメルのクレープ」と「クレープシュゼット」。

C1

りんごのコンポートやキャラメルソースは、皆さんと共同で製作ですが、クレープの生地は各自で10枚前後を焼きました。

C3

総勢10名の皆さんがクレープを焼く姿にしばし感動!(感激しすぎて写真を撮るのを忘れてしまいました。)枚数を重ねるとどんどん焼き色が美しくなるのです。

ワイワイがやがや、私もすっかり楽しみ、最後は試食タイムでおしゃべりに花が咲き。

お陰さまで、無事におえることができました。お集まりいただいた皆さん、そして、主催してくださったしっでぃぐりーんさん、本当にありがとうございました!

次回またお会いできたら…heart04

オマケ。これは、お茶の時間にお出ししたブルターニュ地方の「ファー・ブルトン」クレープ生地で作れます。(ちょっぴりラム酒やシナモンがきいた大人の味)

C2

2013年3月15日 (金)

さようならとありがとう

ホスピスに入っていた友人が、昨日天国へと旅立ちました。

私の生まれた日に旅立った彼女。

いつもいつも元気つけてくれたお姉さんのような存在。

毎回、里帰りの時には、会えるのが当たり前と思っていたあなたにはもう会えない。

くよくよ悲しむのはきっと喜ばない。

「しっかり生きていくんだよ!」っていわれている気がする。

沢山もらった笑顔の時間忘れない。

ほんの少し泣いたら、あなたの好きな私に戻るからね。

生まれた日

私事ですが、昨日は私の誕生日でした。

沢山の方からお祝いの言葉、そして、集まってくれた友人達。

B

胸がいっぱい・・・。

感謝の気持ちとともに、いつまでもいつまでも、私を支えてくれる人たちと元気に笑顔で生きていきたいとあらためて思う一日でした。

この歳の抱負、「機嫌よく過ごす」できるかな。いえいえ、自分次第。

2013年3月13日 (水)

アプフェルシュトゥルーデル

今月お届けしている焼き菓子の中の一つ、「アプフェルシュトゥルーデル」です。

Apfel

何と長い名前!と思われる方もいらっしゃいますよねぇ~。

ウィーンのお菓子で、りんご(アプフェル)を透けるように薄い生地でくるくるを渦巻状(シュトゥルーデル)に巻いて焼くお菓子なのです。

バターをたっぷりと塗り、時間をかけて焼くこのお菓子。お食事代わりに楽しむ方も多いとか…。生のりんごを使うので、この季節ならでは。

A

冬の名残をお楽しみ下さいませませ。

2013年3月11日 (月)

忘れない

忘れたいこと。

忘れたくないこと。

忘れてはいけないこと。

忘れて欲しいこと。

今日は、いろんな思いがよみがえる日。

でも、忘れない。

2013年3月10日 (日)

思い出の花

昨日お花屋さんの前を通りかかった時、赤いチューリップと白い雪柳を見たとたん蘇る記憶。

小学校の卒業式のあと、仲の良かったお友達が、この花で作った小さな花束をプレゼントしてくれったっけ。彼女は、私の分と自分の分二つ用意したのはにかみながら言っていた。

懐かしさに、思わず私もあの時の彼女のように、自分の分と大切な友達のためにと二つ買う。

もう30年も前のこと。彼女は今何をしているのだろう…。

外は雪景色だけれど、あの時のほんわか暖かい春の陽射しに包まれたひとときを思い出させてくれる赤いチューリップ。

Dscf6210

2013年3月 7日 (木)

春の気配

今日は全道的に暖かく、4月上旬の陽気になるのだとか…。

玄関開けたらずいぶんと雪が解けていて、地面がぽっかり見えていた。

Dscf6197

花が咲いているわけではなく、ただ土が見えているだけの景色に春を感じるようになるなんて。

移住して16年、私の頭もずいぶん北国仕様になったのかも…cherryblossom

2013年3月 5日 (火)

4月の焼き菓子

4月お届けの焼き菓子です。

こちらは、オースターツォップフ。イースターのお祭り(復活祭)の日に、ドイツで食べられるお菓子。ドライフルーツをふんだんに使った生地を三つ編みにしてから焼いたもので、ドイツでは家族みんなで食べるのだそう。

Easter

桜のパウンドケーキ。塩漬けした桜の葉を刻んで混ぜ込んだほんのりしょっぱい春の香り。

Sakura

ルバーブケーキ。春になると、ヨーロッパのマルシェに並ぶルバーブ。それを見てから、何となく春になると作りたくなってしまうのです。

Rubarb

春を感じる焼き菓子達cherryblossom詳しくは、ジャンレイホームページをご覧くださいませ。

2013年3月 4日 (月)

春の女子会

昨日はひな祭り。気心しれた女友達数人と「女子会一泊旅行」をしてまいりました。

行き先は、オホーツク・網走。やれ流氷ノロッコ号だSL湿原号だ、流氷観光船オーロラ号に乗るだ!宿泊はもちろん温泉!と2日間とは思えぬ盛り沢山な内容に、行くだいぶ前からハイテンションになっていた私達。たった一泊なのに、食料やお酒をぎゅうぎゅうに詰めた荷物を抱えて、はりきって出発。

と・こ・ろ・が!この週末網走地方を襲ったのは、記録的な爆弾低気圧!

A1

何とか網走までは行けたものの、もちろん流氷観光船オーロラ号は欠航。夜はホテルで時間は短かったものの停電。そして、翌日は釧路までのJR運休!!!!!(ちなみに道路のほとんども通行止め)

かくて、網走駅で待機すること5時間半。待合室から見えるこの景色もかなり身近なものに・・・。

A2

夕方になり、JRが出してくれた代行バスに乗り、夜無事に釧路駅に到着。

それにしても、こんな大変な旅程だったにも関わらず、女友達とは心強いものです。皆、慌てることなく、ほがらかに一緒に連れて行った小さな娘の相手をしてくれたり、おしゃべりに花を咲かせていたり。

お陰で疲れを感じることなく、無事に帰ってくることができました。あらためて、女子会パワーを感じた旅行でした♪皆さん、本当にありがとう!そして、無事に帰ってこれたことに心から感謝です。

2013年3月 1日 (金)

レモンパイ

3月になりましたねぇ。今月のジャンレイお届けケーキは「レモンパイ」です。

Lemon2

もう随分前になりますが、釧路のフリーペーパー「えぷろん」さんでご紹介していただいてから、すっかり定番のスイーツになりました。

熊本産のレモンがさわやかに香るレモンとさくっと甘いメレンゲのパイが、きっと春を運んでくれるはず…heart01

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »