フォト
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

愛しのマドレーヌ

マドレーヌの信条は、おへそが出ること。

Madorene

このおへそがなんとも色っぽい…。

Madorene2_2 

表の顔は、きれいな貝殻模様なのに、裏は出べそなんて、そこが愛しいマドレーヌ。

2013年1月26日 (土)

手直し…。

数年前にお友達からいただいたリース。

工房玄関に飾っていましたが、月日の流れに逆らえず、飾りが一つ落ち二つ落ち…。だんだんさびしい姿になっていましたが、愛着がわきそのまま飾り続ける日々。

本日意を決して、拾い集めたカラマツの松ぼっくりや可愛らしい飾りでデコレーション!

なかなか素敵になりました。

Dscf5917

玄関の感じはこんな風です。(私の姿がガラスに映っているのが、ちょっとねぇ…)

Dscf5912

お気に入りのものを手直しして復活したときって、長年探していた欲しいものが見つかった時くらい嬉しいもの。

何だか入り口からまた良いものが入ってきそうheart01

2013年1月24日 (木)

ど田舎の散歩

ここのところ、散歩に行くといったらここばかり。

我が家から歩いて7,8分のところにある、とある会社の菜園。(おそらく社員の方のための菜園のよう)

なんと、ここにはポニーが3頭ばかりいるのです。

Horse

最初は警戒していたポニーちゃんも、何度か通っているうちに近くまで寄ってきてくれるようになりました。

先日は、もう少し足を伸ばして、うさぎやガチョウ、にわとり、ウコッケイを沢山ペットとして飼っていらっしゃるおじいちゃんのところも行ってきました。

触ったり抱っこできる事で大はしゃぎの娘を見ていると、動物園より喜んでいるのかも…と、動物園に連れて行くのを楽しみにしている夫の顔が頭をかすめました。wobbly

2013年1月23日 (水)

寒い朝

今年は本当に寒いです!

毎朝、玄関の外においてある寒暖計が、マイナス20度近くなるのです。今朝など、北海道のどこかで、マイナス27度になったというのですから、考えるだけで凍り付いてしまいます。

が、そんな朝にもご褒美はあり…。

Winter

家の木々に白い花。上手く写っていませんが、キラキラ光るグラニュー糖のようなものが、枝いっぱいにつくのです。

拡大するとこんな感じ…。

Winter2

中途半端な寒さだと、この美しい景色が見れないのですから、神様もニクイものです。

2013年1月22日 (火)

焼き菓子のお知らせ

今まで、森のバザールさんで扱っていただいた月替わりの焼き菓子達。

事情があって、しばらく休止することになりました。森のバザールさんからご注文下さっていた方々、本当にありがとうございました。

今後は、ジャンレイのホームページに載せてご注文できるように致しましたので、是非ご利用くださいませ。

ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

ちなみに、2月の焼き菓子はこちらです。

ダブルチョコパウンドケーキ

Dabblechoco

チョコチップサブレ

Chococ

ミニマドレーヌショコラ

Madorene

アップルパイ

Pie

誠に勝手ながら、材料発注の関係上、ご注文締切日がございますことをご了承下さい。

2013年1月21日 (月)

向こう側

知人が作って贈って下さった木の動物がずいぶん集まり、まるで動物園のようになりました。

Cat2

にゃんこがおっぱいを飲んでいる様子。

Dog

犬やかばのお茶目な姿。

Cat

こちらはワニも…。

どれもこれも、温かい気持ちになるのは、動物達の向こう側に、作った方の笑顔が見えるから…。

2013年1月20日 (日)

祈り

一昨日、親しい友人がホスピス病棟に移ったと連絡がありました。

歳はさほど変わらないのに、お姉さんのように頼りになる存在だった彼女。

彼女のために何かしたい。けれど、こんなとき、何が一番喜んでもらえるのか…。どうしたらよいか分からず、頭の中がぐるぐると回るばかり…。

何もできないけれど、でも、何かしたいから、手紙を書こうと思い、便箋を買いに行きました。

Panda

こんなとき、どんな便箋が喜んでもらえるのか、華やかなものが良いのか、静かなものがよいのか、なかなか決められず、けれど、やっぱり彼女の好きな動物ものを手に取り購入。

彼女の過ごす時間が穏やかなものでありますように…祈りを込めて。

2013年1月18日 (金)

金柑の甘露煮

こっくりと煮た金柑。

Kinkan3

お日様をそのまま果実にしたような鮮やかな色。

Kinnkann2

コトコトと火にかけていると、子供の頃を思い出す。

あちこちの庭先になっている金柑は、小腹のすいたときのおやつだったっけ…。

がりっとかじるとたちまち口中に広がる芳香とほんの少しの苦味。さらに強く噛んでいくと、特有の酸味がじゅわぁ~としみだしたいく。

何とも贅沢なおやつだったなぁ。

2013年1月15日 (火)

どんど焼き

今日は小正月だったので、近くの神社にどんど焼きをしに行きました。

Dondo

昨年一年間、我が家を守ってくれたお札やお正月飾りを焚いてもらい、わが身を煙で包み、無病息災は約束された気になり、すっかり良い気分。

Jinja

驚いたことに、後から後から訪れる人が耐えません。こんな田舎の神社なのに、土地の人に愛されているのだなぁと感心。

余談ですが、子供の頃、私はこの行事が大好きでした。

学校が終わるのをそわそわと待ち、家に帰ると、団子を刺した枝と書初めを持って、近くの道祖神に出かけて行きました。

火であぶった団子を食べるのが楽しみだったのですから、あの頃から「花より団子」だったのでしょうねぇ。

来年のどんど焼きには、団子を持ってでかけてみよう。

2013年1月14日 (月)

ガトーブルトン

しっでぃぐりーんさんや生活舎さんからご注文いただく今月のお菓子。

ガトーブルトンもそのなかの一つです。

Gatobruton

フランス北西部のブルターニュ地方のお菓子で、バターをたっぷり使ったその味は、素朴だけれど、素材の贅沢さを感じるお菓子で、私もとても好き。ジャンレイでは、いちじくを煮詰めたものを間に挟んでいるので、ぷちぷちとした食感がまた楽しい。

毎年、何となくこの季節にお届けする焼き菓子のメニューに加えているからか、個人的には新春の味でもあります。

その為だからか、食べると何となく気持ちがあらたまるような気がします。

Anzu

もう一つの定番かつ人気メニューは、アンズとくるみのパウンドケーキ。毎回必ずご注文くださる方がいらっしゃるとか…。嬉しいですねぇ~。ありがとうございます。

寒い日が続いていますが、ほっと一息つくティータイムにお役に立てたら嬉しいです。

2013年1月13日 (日)

プチ断食?

先週、娘が珍しく風邪を引き…というか、寝込むほどの風邪を引いたのは生まれて初めてのこと。

何だかそれに振り回され、食事を摂る気持ちになれず、娘と同じお粥や煮込みうどんを食べること数日…。

気がつけば、ほんのわずか、出っ張っていたお腹もひっこんだか?

娘に続いて風邪を引いた夫もいた我が家のドタバタに疲れ果てた感もあったけれど、結果的に、プチ断食できたという事でよしとしよう。

2013年1月 8日 (火)

ヘーフェクランツ

またまたドイツ菓子の登場です。

Hefe

ヘーフェクランツ。ヘーフェはイースト、クランツは環とかリースの意。

ドライフルーツやナッツ、刻んだりんごをふんだんに使った生地を三つ編みにして、リング状の型に敷きこんで焼く。素材の美味しさが引き立つお菓子。

このシンプルでいながらリッチな味。クグロフをさらに手の込んだものにした感じ…。

食べだすと止まらなくなるという困った事態にも陥る、不思議なお菓子なのです。

2013年1月 7日 (月)

木を切る

我が家は、家の西側にトドマツ林を背負っています。

Tree2

冬になっても、枯れることのないエバーグリーンのトドマツの色や香りに癒される事が魅力で、家を建てるときも何とか残したいと思って切らないでおいたのです。

けれど、1ヶ月前の大強風のときに、一本のトドマツが根こそぎ倒れ、道路をふさぐ大騒ぎに…。

幸い通りかかりの車もなかったし、家にも被害がなくほっ…。でも、この先も同じような事が起こらないとも言えず、切るべきか切らないでも大丈夫なものか、繰り返された家族会議。

樹齢50~60年のトドマツが13本とカラマツが4本。こんなにも、長いときを生きてきた木を切ってしまうことの決断がなかなかできず、家のすぐそばにある木だけ切ろうかとも思いましたが、一本切ると風の通りが変わったり、お互いの根で支えあっていることもあって、他のも倒れやすくなると聞き、結局全部を切ることにしました。

もちろん、素人では難しいので業者さんに依頼しての伐採。

Tree3

見たこともない重機、そして、ヤマゴさんがやってきての作業。

Tree4

一日かけて、次々と倒されていく様子を見るのは切なくもあり、辛くもあり…。

そんな風に過ごした昨日の夜、この土地を譲ってくださったご近所のおじ様は、子供のように育ててきた木が切られる様子を見て、仕方がないことと思いながら、涙が止まらなかったと話をしていました。

せめて、この先、また木を植え、育てていきたいと話す私達。

ちなみに、このおじ様のように何十年も手塩にかけて育てた木も、今の時代はびっくりするくらいの安さで買い取られるのだとか…。

木の命、木への愛情について、しみじみ感じた出来事でした。

2013年1月 6日 (日)

新年会

昨日は、毎年恒例の新年会。

New

いつものメンバーで、いつものように美味しいものや楽しい話が盛りだくさん。

毎年、同じようにごちそうを食べて、同じように笑い転げる。

そんなひととときが、たまらなく幸せで、今年も良い年になりそうな気持ちになる大事な集まり。

2013年1月 4日 (金)

チーズとくるみのタルト

すでにお届けが始まっている今月のタルト、チーズとくるみのタルトです。

Cheese

さっくりと焼いたタルト台に流し込んだチーズソースは、生クリームを加えてコクを出し、レモンでさわやかに仕上げたもの。

上に散らして焼いたくるみが、香ばしい…。

お届け初登場のこのタルト。新春に味わっていただきたい一品です。

2013年1月 3日 (木)

柑橘の香りに包まれる

昨日から作り続けている夏みかんピール。

正確に言うと、夏みかんとネーブルを交配させた品種のピール。

年末、大きな大きなダンボールで送っていただき、あまり日にちの経たないうちに…と思って、皮むきを始めました。

それにしても、すごい香りです!家が、巨大なミカンになったみたい。

毎年、この香りを何かに閉じ込めてとっておきたいと思うのですが、今のところ良い方法は見つからず、作っている間だけのお楽しみになっています。

Peel

昨日の分は只今乾燥中。

今年のお菓子も、このピール達で美味しくなりそうです。

2013年1月 1日 (火)

新しい年

皆様、あけまして、おめでとうございます!

Sun

珍しく雪の多い釧路地方でしたが、今朝は、初日の出を見ることができました。

なぜか、太陽側の元旦は、すかっと晴れる気持ちの良い日が多いですよね。でも、今年は無理かしら~と思っていただけに、今年初めての日の出が見れて嬉しい気持ちになりました。

元旦にすることは、何もかもが「今年最初の出来事」。

そのためか、いちいち気合が入ったり、ドキドキしたり…と新鮮です。

ふと、一年通して、元旦の時の気持ちを忘れないでいること、大事な事かも…と思いました。

今年も、元気にいっぱい笑っていられる年になりますように。

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »